『プチ放置子』への対策~はっきり断ることがその子のためになる

8644670796_6ca6589aa9_m
Boys / kizzzbeth

「放置子っぽい子供の対策が知りたい・・」

「すごい失礼はないけれど、

頻繁に家に来すぎる子がいる・・。」

こんなふうに思うことはありませんか。

夏休みなどの長期休暇になると、

家に毎日決まった子供が来るケースがあります。

家に来られる側が、嫌でなければよいですが、

正直毎日だと迷惑に感じることがあります。

そんなときはハッキリ断ることが大事なのです。

プチ放置子対策と考え方

放置子といっても完全にヤバイ子と

なんとなくグレーな子供がいます。

正直定義があるわけではないので、

親としても悩むところです。もちろん

  • 勝手に家に入る
  • 勝手に冷蔵庫を開ける

などは論外です。なかには、

ここまでしてくる子供もいるようです。

その場合は学校や児童相談所に

相談することになるのです。

そして、子供同士はそこそこ仲がよく、

失礼はないけれど、ほぼ毎日家に来る子供や

断ってもえっ~とか言って渋るような、

いわゆるプチ放置子もいますね。

  • ほぼ毎日家に来る
  • 週末にいつも来る

このような状態で、とくに親から

なんらかのアクションがない場合

(いつもお邪魔してすいませんなどの挨拶)、

やはり放置気味の子供なのです。

さらに学年が異なる場合は要注意です。

また

放置っぽい子=マナーや礼儀がなっていないことが多い

とうのも事実です。断っているのに

上がり込もうとしたり、駄々をこねる・・

なんて子供は、しつけが

しっかりされていないのです。あまりにも

頻繁に来られるのが嫌であれば、

家長としてはっきり断りましょう。

スポンサーリンク

プチ放置子への断り方

子供に毎日家に来られるのが、

嫌ではないのであれば

問題ないのかもしれません。

ただ、家庭のリーダーであるあなた自身が

放置気味の子に来て欲しくないなら、

断固として伝えましょう。

週1や2なら良いといったように、

意思を伝えることが本人のためにもなるし、

自身のためにもなるのです。今日は

ダメという日は、以下のような方法で

手短に断り続けましょう。

  1. 理由を告げないで断る
  2. インターホン越しで断る
  3. 短い会話で終わらせる
  4. 今日は無理と言い切る

このようにするとよいでしょう。

しつこいセールスや勧誘電話の断りのように、

完結に短めに伝えます。心を鬼にして

短く言い切りましょう。

気の毒に思ってしまう気持ちとの戦い

放置子問題では、やはり自身の良心との

戦いが辛いのです。かわいそうだな・・

気の毒だな・・という同情の気持ちと

迷惑な気持ちの迷いが生じます。

ただ、あなた自身が

経済的になんの問題もなく

時間的余裕もいっぱいある

こんな状態で、自身が望むなら

面倒を見てあげればよいと思います。

ただ、実際にはなかなか難しいです。

はっきり断る事で、放置っぽい子に対し、

「ここまではOK、これ以上はダメ!」

というルールをわからせてあげるという教育も必要

なのです。

放置気味子も、時がたつと

改善されることがあります。

実際に長男のお友達でも

ちょっとグレーな子供がいましたが、

2年後くらいには大人しくなりました。

今現在は、要注意として親として

はなんとなく観察していますが、

たまに遊んでもいます。

とくに問題ありません。

もちろんすべてこのケースでは

ないですので難しいですが。

>>【子供と一緒の夏休み】イライラする!!5つの解消法で前向きに♪

>>子供を「指示待ち人間」にしないために・・今から意識したい3つのこと

終わりに

プチ放置子への対策でした。

勝手に家に入ったり冷蔵庫を

開けるまではしないけど、

夏休みに毎日来られるのは正直迷惑・・

に感じる子供もいます。

つい、子供の顔をみると同情してしまい、

断れない・・そんな状態になりますね。

ただ言いにくくても、はっきり断ることが

その子のためになるのです。