子供服のお下がりを譲るときの注意点~あげてよいか迷うときの対策


Summer Baby Clothes / LizaWasHere

「子供服のお下がりを譲るときに

気をつけることって?」

「使わなくなったベビー用品を

あげたいな・・」

子供服やグッズはあっという間に

使えなくなります。気持ちよく

必要な人に譲るのはうれしいものですね。

ただ時と場合によっては、

お下がりが迷惑に

思われることもあるのです。

そこでお下がりを譲るときに

気を付けたいことをいくつか紹介しましょう。

お下がりを譲るときの注意点

スポンサーリンク

1、相手に聞く

相手が喜んでくれるだろうと思って、

いきなりベビー用品や服を

渡すのはNGです。人によっては、

お下がりはいらない

と思っている場合もあるのです。

  • 親戚からもらえる
  • 服を買うのが好き
  • お古が好きではない

など人の価値観はいろいろです。

まずは聞いてみましょう。

ベビー用品にしてもすでに

手元にあることがありますので要確認です。

2、大量の服はNG

同じサイズで同じシーズンものが

大量にあっても、あまり

うれしくないかもしれません。

例えば長袖の同サイズのものは、

4,5枚もあれば十分です。また

あまりにもサイズの大きい服も

あげないほうがベターです。

譲るのがNGな子供服やベビーグッズは?

子供服のなかには、譲ってダメなものが

やはりありますね。以下のものは

譲らないようにしましょう。

①下着のパンツやトレパン

パンツ系はお下がりとして譲るには、

やはりNGですね。

抵抗がある人が多いです。

  • 未使用または数回しか着ていないきれいな肌着や靴下
  • 水着

こちらはあげても良いと思います。

小さい子供の水着は出番が少ないですし、

喜んでもらえることが多いです。

管理人もありがたく

いただいた経験があります。

ただ念のため

肌着や靴下→ほかの衣服と分けて個別に袋に入れてあげるとよい

さらに、

おまるや便座関連などの

トイレトレーニング用品もNG

です。未使用なら問題ありません。

②靴

履き古した靴はやはり

気軽にあげられないし、

譲るにはやはりNGになりますね。

ただ

新品同様に

キレイ(ほとんど履いていない)な靴

であれば喜んでもらってくれる人は

多いでしょう。事前に確認するとよいですね。

③穴が開いている服、壊れているベビー用品

あきらかに穴が開いている

お下がりはいりません。

シミやほつれなど、個人の感覚で

微妙な部分もありますが、

穴あきはさすがにNGです。

さらに壊れているベビー用品も、

あまりあげないほうがよいですね。

やはりこちらも実物を見せて

相手に判断してもらえたら一番良いです。

手押し車! / sawamur

アイロンをかける必要はあるか?

お下がりを譲る際に、わざわざ

アイロンをかける必要はないと思います。

管理人も今までやったことはありません。

ただ

  • きれいにたたむ
  • 袋に入れる

ことはしたほうがよいですね。

※制服のお下がりをあげる場合

幼稚園や中学校の制服の

お下がりを上げる場合

クーニングするかどうか迷うこともあります。

自身の判断でOK!

何もしてないけど・・と

一言添えて渡しても良いですし、

気になるならクリーニングをして

渡すとよいでしょう。何もしなくても

失礼ではないですよ。

譲っていいのか迷う場合の対処法

おさがりの服やベビー用品の状態によっては、

あげていいのか迷うこともあります。

「自分的にはOKだけど、

相手はどう思うかしら?」

と、判断が難しいですね。

  • 毛玉
  • シミ
  • 黄ばみ
  • ほつれ
  • 色落ち

など、服の傷み具合に対する価値観は

人それぞれです。服を譲っていいのか迷う場合は

以下のようにするとよいです。

1、一言添えて渡してしまう

メールでも口頭、手紙でもよいですから、

少々傷んでいるものもあるという旨を

伝えておくとよいですね。

「家着にしてください。」

と伝えておけば相手も

わかってくれるでしょう。

処分するかどうかは相手次第です。

2、実際に見てもらう

あげる前に、家に来て実際に見てもらって

判断してもらうという方法です。

いらない子供服を一式見せて

選んでもらうのです。遠慮しないで

選んで~!と伝えましょう。

ベビーグッズも、微妙に

使えない部分があると

譲っても良いか迷いますね。

できたら実物を見て決めて

もらえたらよいでしょう。

譲ったものを後で「返して!」はNG

まれに、譲ったものを

後から返して~と言って

トラブルになることがあります。

あまりないケースですが、

万が一返してほしいものがあるなら、

事前にしっかり伝えておきましょう。

お下がりの子供服に関しては、

返して~ということにはならないのが

一般的です。ベビー用品などで

気になっているものがあれば、

事前に言っていくことが鉄則です。

>>お下がりがいらない場合の上手な断り方

>>【公園でのおもちゃの貸し借り】上手くやり取りするコツ&対策方法3選

終わりに

子供服やベビー用品のお下がりを譲る場合の

考え方や注意点でした。当然ですが、

まずは相手にいるかいらないか

確認することが大事です。

ヒトによっては

お下がり大歓迎でもあるし、

いらない・・と感じることもあります。

いろいろな考え方はあるので、

事前に聞くのが一番ですね。