幼稚園のバス待ちが苦痛→オススメ会話術3選で乗り切ろう!


若木台幼稚園のバス / mah_japan

「幼稚園のバス待ち時間が苦痛・・」

「バス待ち中の会話に困る・・」

こんな悩みを持っているママさんも

いることでしょう。幼稚園のバスを

待つちょっとした数十分の

会話がなくて、苦痛に

思う場合もあります。

なるべくちょっとした会話で

時間を楽しく過ごしたいですね。

そこで幼稚園バス待ち時の

おススメ3つの会話術を紹介しましょう。

幼稚園のバス待ちが苦痛→オススメ会話術3選

スポンサーリンク

1、質問する

幼稚園バス待ちの時間に

「幼稚園の遠足って

現地集合なんですね。

去年はどうやっていきましたか?」

「お弁当の大きさって

どれくらいですか?

ウチの子残してしまって・・」

など、自身がなんとなく疑問に

思っていることを聞いてみるとよいでしょう。

園バスで一緒になる人の共通点は

  • 同じ幼稚園
  • 同じ年代の子供がいる

になるのです。経済のことや

自分の趣味のことを聞かれても

相手は困るでしょうが、幼稚園や

毎日の子供の悩みなら、相手も答えやすいです。

自分のことを話すのが苦手な人でも

話を聞く側になれるのでお勧めです。

沈黙が得意でないと思うなら、

質問しましょう。また以下の

ポイントに気を付けるとよいですよ。

※クローズドクエスチョンはNG!

たとえば、

「明日の行事行きますか?」

などのように、相手がイエスかノーで答えるような

クローズドクエスチョンだと、

会話が終わりがちになります。

絶対ダメというワケではないのですが、

なるべく5W1Hを使った

質問がよいですね。

5W1Hとは?

  1. いつ(When)
  2. どこで(Where)
  3. 誰と(Who)
  4. 何を(What)
  5. なぜ(Why)
  6. どのように(How)

「どんなふうにしてますか?」

「何を~してますか?」

という質問だと、会話が

広がりやすくなるのです。

こうするとバス待ちの

ちょっとした時間も苦痛に

感じにくくなります。

子供がいると、少なからず

悩みはあるものです。ちょっと疑問に

思ったことや幼稚園情報など、

思いついたら気軽に聞いてみるとよいですね。

※矢継ぎ早の質問はNG!

また、相手がまだ答えてもいないのに、

矢継ぎ早にどんどん質問をするのは

やめたほうがいいでしょう。さらに

  • 自分で聞いて自分で答える一人質問
  • 年齢は?どこに住んでいるの?のような尋問みたいな質問

こちらも良い印象を持たれないので

気をつけましょう。

2、第三者話法


Förbättrad buss / Nikke Lindqvistation: underline;”>

●さんと一緒に言っていたのすが

△ちゃんすごいおしゃれで可愛いですね。」

「うちの娘がが○ちゃんと

○ちゃんのママのこと

好きって言っていました。」

相手に対して良い印象を持っていたり

褒めたいと思っても

いきなりダイレクトに

褒めるのは難しい

ですね。日本人の特徴です。

そんなときは、第三者を使って

褒めたり、良いと思っていることを

伝えるという方法です。もちろん

無理して言うことではないですし、

作ってまで伝えることではありません。

ただ

褒められると相手は

悪い気は絶対しません。

このお母さんのこんなとこが

素敵だなと思っているところがあるなら、

何か機会があったときに、

幼稚園バス待ちの際にでも

第三者話法を使ってみるとよいでしょう。

3、質問返し

そして、何かを聞かれて

自分が答えた後で、

「○さんのこところはどうですか?」

と質問返しをすると、

会話が広がります。さらに、

何人かグループで話をしていて、

聞き手になってまだ話していない

人がいるなら、その人に

振るのも良い方法ですね。

誰か一人だけがしゃべるのではなく、

順番に話をすると話に花が

咲きやすくなります。

思わぬ情報や笑い話が聞けて、

幼稚園のバス待ちのときに

楽しく過ごせるでしょう。

>>タブーに注意!ママ友との話題作り【たちつてと中に入れの法則】をうまく使おう♪

>>子供服のお下がりをもらった場合~お礼の相場はどれくらい?

終わりに

幼稚園のバス待ちの沈黙が

つらいときの会話術でした。

一番のおすすめは、ちょっとした

悩みを質問することです。

共通する話題=幼稚園のことや

子供のことなら、相手も答えやすいですね。

なかには、幼稚園のバス待ちを

苦痛に感じるママさんも

いるかもしれません。あまり

苦手意識を持たずに気軽に

質問してみましょう。