【ママ友との会話】タブー&NGワード7選~上手に付き合うコツ

20272761188_0402ceffcd_m

「ママ友とのタブーな話題は?」

「NGワードを知っておきたい・・」

ママ友と円滑に付き合っていくために、

NGワードやタブーな話、

禁句を知りたいと思う人もいることでしょう。

ママ友という言葉に惑わされずに、

単純に自分が言われたらいやだなー

と思うことは言わないのがベターです。

そこで具体的なタブーやN

G話題&上手な付き合い方を紹介しましょう。

【ママ友との会話】タブー&NGワード7選

スポンサーリンク

①2人目の話

「二人目は?」

このような話はNGワードに

なります。気軽なノリで

聞いてしまうことがあるかもしれません。

ただ、そうは見えなくても

こっそり悩んでいたり、ひそかに

不妊治療をしていることもあります。

相手の立場になった気遣いが大事ですね。

②お金の話

お金の話も初期の段階では、

NGワードになるでしょう。

お金の話と言っても

いろいろなものがあります。

  • 年収
  • 家賃
  • ローン額
  • 貯蓄

こういったものは

あまりしないほうがよいですね。

まだあまり親しくない場合や、

バス待ちの時だけ会うママさんには

NG&タブーの話題になります。

親密になったり距離感が深まって、

信頼おけるママさんには

してもよいのかもしれませんが、

ぼかすほうが無難です。

③学歴

出身校や最終学歴の話も

あえてすることはありません。

意外にも高学歴にコンプレックスを

抱いている人もいますし、

その逆ももちろんあります。

いずれにしてもママ友の間では

タブーのひとつになるでしょう。

誰も話題にしていないのに

話すのはNGですね。

④悪口や陰口

激しい悪口や陰口ばかりはひかれます。

共通の知り合いのうわさ話は、つい

盛り上がりますが、悪質なものは

言わないようにしましょう。

ある調査では

悪口を聞いた人は・・

その内容ではなく

「悪口を言っていた人」に対してに、

よりネガティブで嫌な印象を持つ

という結果が出ています。陰口を言う人

そのものに嫌なイメージがつくということです。

⑤不倫・浮気

自分がしたなどという話は

かなりドン引きされます。とくに

奥さん側の立場の人にとっては、

浮気や不倫という話題に、

激しい拒否感をもつ人もいます。

こちらもタブー&NGワードになります。

⑥下ネタ

仲が相当よくなり、飲み会などの席では

よいのかもしれませんが、

やはりあまり好まれないですね。

まだ距離感のあるママにはNGな話題です。

⑦その他

ママ友に限りませんが

  • 宗教
  • スピリチュアル
  • 政治
  • マニアックな趣味

以上のような話もなかなかついていけない・・

といえるでしょう。ママ友に限らず、

親しくない人へのタブー&NGワードと言えます。

ママ友付き合いのコツ


Girl Talk / donnierayjones

聞き流し

ほかのママの話していることは、

良い意味で

  • 聞き流す
  • 適当な相槌

くらいがよいと言えます。

相手はただ、話して

スッキリしていることもありますし、

その場の会話の流れで、ちょっと

おおげさに言っていることもあります。

ですから、自分の価値観と違うことに

いちいち気にすることもありません。

適度な距離感

  • 会社の同僚
  • 近所の人

と接するような感覚で程よい距離感を

大切にするよいですね。

最低限の礼儀や言葉遣いを

意識するとよいですよ。

ママ友=面倒ってことばかりではない

ちまたやメディアではママ友は

面倒くさいという雰囲気がありますが、

決してそれだけではありません。

  • 有益な情報が聞ける
  • おしゃべりしてリフレッシュできる
  • 育児の悩みや疑問を解消できる

以上のような良い面もあります。

適度な距離と礼儀を忘れないで

楽しく付き合っていくとよいですね。

また“ママ友”という言葉だけに

変にかまえないで、

自分がされたら嫌だと思うことを

相手にしない

という意識で接すればよいのです。

>>タブーに注意!ママ友との話題作り【たちつてと中に入れの法則】をうまく使おう♪

>>【ママ友からの誘いの断り方】さわやかにメールで断る方法~5つのポイント

終わりに

ママ友との会話における

タブーやNGワードでした。

ママ友という枠にとらわれずに

相手の立場になって接すれば

よいのではないでしょうか。

またママ友=面倒

ということばかりではありません。

いてよかった~話せてよかった~

という気持ちになることも

多いものです。あまり気負いせずに

会話を楽しんでください。