ママ友の作り方【第一印象を良くするテクニック5選】

「ママ友の作り方って?」

「ママ友がほしいけど人見知りで・・」

子供が0歳~1歳の赤ちゃんのときに、特にママ友がほしいと思うのではないでしょうか。

ただ人見知りで、なかなか仲良くなれないと感じるママもいることでしょう。

第一印象をよくして、ママ友が気軽にできるようになりたいですね。

そこで、

好感度を上げるための見た目的なイメージを変える方法をいくつか紹介しましょう。

ママ友の作り方【第一印象を良くするテクニック5選】

スポンサーリンク

1、黄色系の服で!

黄色=反感をもたれにくい色

と言われいます。

黄色のイメージ・・明るくフレンドリーでユーモアがある、無邪気

以上のような印象を持ちやすいです、

人見知り傾向があると思う方は、ぜひ黄色系の服を着ていくとよいですね。真っ黄色の服でなくてよいです。

  • 淡い黄色のトップスを着る
  • 黄色いストールを身につける

以上のような服装がおすすめです。

カラーの持つ印象を味方につけて、話しかけやすいイメージをつくるとよいですね。

2、メイクの時は眉頭に気をつける

また、メイクのときには、眉毛の描き方にも気をつけましょう。たとえば眉頭の位置を目頭の位置よりも外側にして、

左右の眉毛の間をあけるようにすると優しい印象を与えます。

d312ed63a2cbefca83ca064690d6cc0f

↑この画像の方は、左右の眉毛の間が空きすぎていますw。ここまですることはありませんが、親しみやすい雰囲気にはなりますね。

さらに眉頭の描き方ですが、

眉頭からではなく眉山から描きましょう。

眉頭から描くと眉頭が濃くなってしまいます。

眉山から描くことで、眉頭がうっすらになり、きつい印象ではなく、優しくお人好しなイメージをつけることができます。

3、笑顔を作る

表情も印象をよくする大きなポイントになります。笑顔の表情だけでグッと印象が変わりますよ。

基本は以下のようなスタイルです。

あいうえおの「い」の口にして口角を上げる!

こうすると、自然と笑顔の表情ができて話しかけやすい印象になりますよ。

児童館や公園に行く際には、口元を意識しましょう。人見知りさんでもこれならできますね。

4、清潔感

明るいイメージをもたらす黄色の服を着ても挨拶をしても、

清潔感のない服装や髪形だと、やはり良い印象はもたれません。

育児で忙しくて美容院に行けてなくても、髪をすっきりまとめることはできます。清潔感ある服装で、公園や子育てサロンに出向きましょう。

5、先に挨拶をする

以前こちら(>>公園で挨拶する?しない?知らないママにも挨拶をしたほうが良い3つの理由)でもお伝えしましたが、

先に挨拶をすると、その場の雰囲気が自分に有利な状態になりやすい

といわれています。人見知りさんでも最初に挨拶!これだけは意識しておこないましょう。

終わりに

ママ友を作るための見た目的なテクニックでした。0歳~1歳の赤ちゃんだとママ友がほしいと思うことが多いでしょう。

もちろん上記のテクニックでママ友がすぐに作れる・・といことではありません。

ママ友を作らなきゃ・・と焦らない気持ちが大切ですね。ぜひ見た目の印象を良くして、気軽に話しかけるとよいですよ。