【三輪車】いつから“こげる“ようになる?&いつまで乗るかについて考察したよ!

13074553304_00a12d6a40_m

「三輪車っていつから自分でこげるようになる?」

「子供はいつからいつまで三輪車に乗る?」

子供に三輪車を用意したいけど、

新品を買うとなると結構高いですので、

使用期間がどのくらいなのかが

気になるところですね。

また、子供自身が「こげる」ようになるのは

いつごろなのかも知りたいですものです。

そこで子供が三輪車をこげるようになる時期と、

いつまで乗るのかについて考察しました。

いつから三輪車を「こげる」ようになる?

子供はいつから三輪車を

こげるようになるのでしょうか。

子供の発達過程において「こぐ」という動作は2歳半~3歳ころにできるようになる

ただ、子供や環境によって

個人差があります。たとえば

  • 体格が大きい子供
  • 砂場が多いところではなく平坦な道路
  • 上に兄弟のいる子供

以上のようなタイプだと、

比較的早い時期に三輪車を

こげるようになるでしょう。

園庭のような砂が多い場所だと、

力がいりますのでこぎずらいですし、

小さい子はどうしても

足が届きにくいので漕ぎにくくなりますね。

いつからいつまで乗るの?

さらに気になるのが三輪車は

いつからいつまで乗るのだろう?

ということではないでしょうか。

普通に買うとけっこう高額ですので、

乗る期間を知りたいところですね。

まず子供の体格によりますが

三輪車は1歳半前後から乗れる

有名なアンパンマンの三輪車は

身長77cmからになります。

  • 1歳半の男の子の身長⇒75.6~85.9cm
  • 1歳半の女の子の身長⇒73.9~84.2cm

になるので、1歳半ころに

乗れるようになります。大きい子だと

もっとはやくてもOkですね。

そしていつまで三輪車に

乗れるかということですが、

三輪車は4歳くらいまで

市販の三輪車はだいたい

100cmまでとなっています。

  • 4歳半の男の子の平均身長⇒103.5cm
  • 4歳半の女の子の平均身長⇒102.8cm

やはり4歳までくらいですね。実際に

  • 見た目的に窮屈そう
  • 膝があたる

以上のように見えると、もう

乗せられないかな~と親は思いますね。

この頃から徐々に自転車に

移行していく子供が多いです。

実は三輪車より自転車のほうがこぎやすい!?


[奶爸Project365] Day12 / lukehsu0327

三輪車⇒ペダルの位置が前にあり、

座った状態でこぐので結構足の力が必要になる

自転車⇒こぐ時に、体全体の

力を使えるのでこぎやすい

以上の理由から、自転車タイプのほうが

漕ぎやすいと言われています。実際に

子供は、三輪車ではこげなくても、

自転車タイプのものはこげたりします。

だからといって三輪車はよくない!

っていうことはありません。

三輪車にはたくさんのメリットがあるのです。

スポンサーリンク

三輪車のメリット

  1. 足の筋力が鍛えられる
  2. 腰が強くなる
  3. 姿勢がよくなる
  4. スピードが出ないので安全

以上のように、いろいろな利点があります。

足腰が鍛えられて丈夫な体つくりに

一役買っていますし、スピードが出ないので

安全という利点はたしかにあります。

こぎずらいと言われていますが、

家庭で三輪車を子供に与えるという

選択肢があってもよいですね。

では次に三輪車のデメリットをみてみましょう。

三輪車のデメリット

  1. 使う期間が短い
  2. 自転車の練習にはならない
  3. 使い方によってはベビーカーと変わらない

以上のようなデメリットがあるのです。

場合によってはベビーカーと同じように、

親が押すものという使い方で終わる・・

なんてこともあります。三輪車を

用意するかしないかは

各家庭の判断になるでしょう。

  • 中古の三輪車を買う
  • お下がりをもらう

以上のような工夫をして

1台用意してあげられたら

よいかもしれません。実際に

三輪車を自分でこげるように

練習させることが大事です。

>>三輪車VS自転車どっちがいいの?《2歳,3歳~年代別に見たおすすめは?》

>>【幼児の靴選び】正しいサイズの選び方~5つのコツとサイズアップの目安&測り方

>>チャイルドシートを嫌がる2歳児【7つの対処法】いつから泣かなくなるの?

終わりに

子供はいつから三輪車を

こげるようになるか?と

いつからいつまで乗るのか?

という疑問についての回答でした。

最近は小さい子でも乗れるミニの自転車が

はやっています。ただ、昔ながらの

三輪車には、足腰が丈夫になる

というメリットがありますよ。