【2~3歳児の自分でやりたがるお年頃】考え方&対処法


6766 / imcountingufoz

「自分でなんでもやりたがる

子供に疲れる・・。」

「2~3歳頃の自分で!の時期・・

成長の証だけど大変!」

というママさんがいるのでは

ないでしょうか。1歳過ぎたころから、

子供は徐々にお母さんのやることを

したがるようになってくるのです。

特に2~3歳頃の年齢になると、

要求が高くなり、できないと

癇癪を起したり、先にやると

激しく怒ることがあり、ママは

大変ですね。そこでなんでも自分でやる!

の時期の対処法や考え方をまとめました。

靴が逆&服が裏表の場合

スポンサーリンク

1、まずは、ほめる

  • 「自分でできたね。」
  • 「さすがお姉(兄)ちゃんだね。」

ある年齢になると、服の脱ぎ着を

自分でやりたがるときがありますね。

自由にさせるとボタンの掛け違い、

前後逆など間違えた状態に・・。

ただ、まずは褒めてあげましょう。

大人だって、チャレンジしたことに対して

いきなり注意されたら悲しいですね。

2、服の柄やポケットの位置をさりげなく指摘

  • 「あれ?車(柄)さんが前にいないな~。後ろにいるね。直す?」
  • 「あら?ズボンのポケットが前になっているね。直そっか。」

褒めた後に、さりげなく伝えましょう。

洋服の柄やポケットをうまく利用すると

子供のもわかりやすいです。靴の場合も

同じように、やんわり指摘してみましょう。

その後、どうするかは子供の

判断にまかませるのも良いと思います。

このままでいい!というのなら

服が逆でも、靴が逆でも

良いのではないでしょうか。

歩きにくそうなら、後でさりげなく

靴を変えてあげたらよいですね。

まずは子供の「できた!」という達成感を経験させて、少しずつ正しい着方や履き方を教えていくとよいでしょう。

料理をやりたがる場合

お料理に関しても、2,3歳頃に

自分でやりたがる時期があります。

とても嬉しいことですが忙しいときは

包丁などを扱うので、面倒に感じますね。

子供が料理を自分でやりたがるときは

以下のことを頼んでみましょう。

  1. 玉ねぎの皮をむく
  2. キャベツやレタスをちぎる
  3. ゴマすりをする

これをお願いするとよいですね。

包丁を使わないので安全です。

ボールに玉ねぎや大きめの

キャベツを入れて、子供に渡して

任せてしまってもよいです。

SAKURAKO and Wife – GOMA SURI. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

ちぎったキャベツや皮をむいた玉ねぎは、

その日に使う予定がなくても、

ビニール袋に入れて冷蔵庫に

入れておけば数日もちます

後日味噌汁の具にできますよね。

なるべく自分でやらせるのが理想

できそうなことは面倒でも

自分でさせてあげるようにすると、

後が楽になります。先にやってしまうと

烈火のごとく怒ったり、

泣き叫んだりすることもあるのですよね汗。

面倒くさいけど、先手を打ってやらせると、後の動きがスムーズにいくことが少なくない

  • 届きにくそうな場所は抱っこして介助する
  • ママと一緒にやる
  • 最後のオイシイとこだけやらせる

など、子供の満足感を引き出すように

やってあげるのが理想です。あくまで

理想ですので、余裕のあるときに

おこなってみましょう。

※危ないことや他人に迷惑がかかることはNG!

ただ、危ないことや他の人に

迷惑になることに関しては、

しっかり「できない」ことを伝えましょう。

  • 熱いお茶を入れたがる
  • 大人のハサミを使いたがる
  • 買い物カートを押したがる

など、まだ早いと思ったら、

ハッキリ「危ないから大きくなったらね。」

と言い切ります。

代わりの案を用意する

とよいですね。もちろん、

なかなか理想通りにはいかないですし、

いつもできるわけではありません。

できる範囲で意識してください。

思い通りにいかなくて癇癪する場合

中には自分でやると言って、

結局うまくできなくで、

癇癪したり激しく泣く子供も

いますね。そんなときは、

  • 一緒に手伝っておこなう
  • 「悔しかったね。」と気持ちを代弁する

さらに泣く場合は

しばらくそっとしておく

ということになるでしょう。

ちょうどイヤイヤ期ですので、

ママは大変です。なるべく

ヒートアップしないで

冷静になることが大事ですね。

>>『ごめんなさい』を絶対言わない2歳児の頭の中はどうなっているのか

>>【雨の日】子供との過ごし方~おすすめの方法5選

終わりに

子供のなんでもやるたがる時期に

つかれる・・というママさんも

いることでしょう。できる範囲で

なるべくやらせてあげたらよいですね。

ただ、子育ては、努力でどうにかなったり

思い通りに行くものではありません。

上記の対策を試して、5回に一回

うまくいっただけでも万歳!

と思うくらいでよいのす。