《2年保育のメリット&デメリット》新年中のほうが〇〇力が高いから助かった経験

2993997191_1bfdf5a509_m

「2年保育のメリット&デメリットは?」

幼稚園入園で、2年保育か3年保育か

迷っている人もいることでしょう。

2年保育にしたいと思っても

大丈夫か気になっている・・

なんてママさんもいるのではないでしょうか。

そこで、3人の子を送り出した管理人が思った

2年保育の良い面やデメリットについて

紹介しましょう。ひとつの参考にしてくださいね。

2年保育のメリット

スポンサーリンク

1、経済的負担が軽減される

まず、金額的な点が2年保育のわかりやすい

メリットといえるでしょう。まるまる

1年分の保育料の負担が減るのです。

ザックリ計算ですが

1か月25000円かかるとして

1年で30万円ほどの差が出ます

幼稚園から補助金が出ますので

実際はもう少し安い金額になります。

ただ補助金を差し引いても、

とても大きいのではないでしょうか。

2、年中さんは伝達力が高い

管理人の経験ですが、

年少と新年中では、

伝達力に大きな差があると実感しています

やはり年中さんは園で何があったかを

しっかり伝えてくれますが、年少さんは

なにを言っているのかいまいちわからない・・

不明瞭な点がありますね。

また年少から入れると

  • お友達のフォークや靴下を持って帰る
  • トイレに失敗する

こんなことが、特に通い始めのころは、

しょっちゅう起こります。

しかし二年保育の子供の場合

グッと頻度が減ります。細かいことでも

言えるようになるので、親としては

助かることが多いと実感しています。

3、子供との時間が増える

振り返ると、小さい時期に

子供と過ごす時間はとても貴重だと

気づくのです。二年保育にすると、

1年間子供と過ごす時間が増えるという

メリットがあります。

後から考えると貴重なひとときを

子供とゆったり過ごせる利点が、

二年保育にはあるのです。この時期に

何か習い事をさせて楽しく過ごすのもおすすめです。

では次に二年保育のデメリットに注目しましょう。

2年保育のデメリットは?

1、入園後のお友達関係

二年保育だと友達がすぐにできるかどうかが心配・・

という点があるでしょう。こちらの記事

>>【年中からの幼稚園】お友達やママ友はできる?入園式はどうなる?気になる疑問をまとめました

でもお伝えしましたが、

あまり心配しすぎることはありません。

ただ、やはり最初は少し戸惑うことが予想されます。

2、平日の昼間が退屈&大変

たとえば未就園児時代に仲良かったお友達が、

3年保育で園に行くようにになったとたん、

公園や児童館でも急にポツンとしてしまうことがあります。

あと1年!と割り切って二人だけの時間を

楽しむのも手ですが、地域によっては、

少し寂しい思いをすることも。また

元気すぎる4歳のパワーに疲れる

なんてこともあります。管理人の経験ですが、

元気すぎる長男に疲れて、

4歳になったときに幼稚園に

年中として途中入園できれば一番良い

と思っていたことがありました。実際に、

満4歳になったら途中で入れる幼稚園もありました。

結局途中からは入れませんでしたが、

特に冬の季節は外出しにくく大変でした。

早く春が来てほしいと思っていました(苦笑)。

3、入園直後は3年保育組に比べ差が出る

2年保育で入園した直後は、

3年保育の子供のほうが準備でも片付けでも

なんでもチャチャっとできます

この点もデメリットといえるかもしれません。ただ、

初めの数ヶ月差が出るだけですぐに3年保育の子供に追いつくのでご安心を!

秋ごろになれば、幼稚園の生活にすっかり慣れて、

年少から入ったお友達となんら

変わりなく行動するようになるのです。

この1年の差をあまり神経質とらえることはありません。

>>【幼稚園の茶話会】おススメの自己紹介の仕方&服装

>>《子供の作品の収納方法》デジカメ保管or現物保管どっちが良い?

終わりに

管理人が考える二年保育の

メリット&デメリットでした。

子供たちが成長してから思うこととしては、

2年でも3年でも子供の成長に

何も問題はないということです。

年長になればみんな一緒です。

あまり悩みすぎる必要はありません。

二年保育の良い面やデメリットを知って

決めるとよいでしょう。