産後の脇の下のしこりの正体は?3つの可能性


mom’s armpit / writetoeat

「産後、脇の下にコリコリっとしたしこりを感じて気になる・・」

「痛くないけど小豆状のものが3,4個ほどあるのだけどこれって何?」

と心配になっているママさんがいるのではないでしょうか。

だいたい、産後1週間~10日後くらいにしこりに気づくママさんが多いのです。

腫れのようなしこりのような存在は、いったい何なのか気になるところですね。そこで

産後の特有の脇のしこりの正体と対処法を紹介しましょう。

産後の脇の下のしこりは何?3つの可能性

スポンサーリンク

1、副乳の場合

産後すぐに脇にしこりを感じる場合、副乳のケースが多いです

副乳とは=退化しきらずに残っている乳腺組織

動物などの哺乳類は、いくつも乳がありますね。人間には、退化しているのですが名残りとして、複数の乳が残っている人も少なくないのです。

この乳腺組織は、脇から脇腹あたりにあり、通称ミルクラインとも呼ばれています。

52aaf888ca7f6ccf272f59d6f9437c37

http://blog.goo.ne.jp/momohimemd2006/e/bc58a524c6ae785a1a3f70c35b0c0a4a より

ちなみに男性のなかにも、副乳がある人がいます。この

副乳は、産後の授乳で乳腺が発達して、目立つようになったり痛いと感じる場合があります

なかには、痛みがない人もいます。

副乳が痛くない場合

痛くないならそのまま放置しましょう。

  • 触らない
  • 揉まない

が鉄則です。触ると痛くなることがありますので、気にしないようにしましょう。

副乳が痛い場合

痛い場合は冷やすのがおすすめです。

アイスノンなどの保冷剤をガーゼで包んでワキに挟める

ようにすると、痛みが和らぐでしょう。助産師さんによると

産後5日くらいから、徐々に痛みがなくなるということです。

痛みを感じたら、冷やしながら様子をみましょう。

2、リンパ節の腫れの場合

また、脇の下のしこりはリンパ節の腫れの可能性もあります。通常

リンパ節の腫れは

  • 赤みがない
  • 押しても痛くない

以上のような特徴があります。

単純に腫れているのであれば、炎症が収まれば数日で消えるので安心してください。また炎症がなくなっても、そのまましこりが残っている場合もあります。

  • 短期間でしこりが大きくなる
  • 数が増える

以上の状態であれば、乳腺外科や乳腺クリニックに足を運ぶのがおすすめです。

多くの場合良性であるので心配いりませんが、専門医にしっかり見てもらうと安心です。

3、乳瘤の場合

また、産後の脇のしこりは、「乳瘤(にゅうりゅう)」のケースもあります。

乳瘤=ミルクが貯まってコブのようになってしまうもの

乳瘤の場合は、赤ちゃんがグングン飲んでくれるようになると、気にならなくなることが多いです

また授乳の間隔があいて、胸が張ったときだけ乳瘤を感じるようになることもあります。

ですので、産後すぐであれば、様子をみてもよいでしょう。気になるなら専門家に診てもらうとよいですね。

終わりに


Mamá / raruschel

産後の脇の下のしこりは、以上のように、いろいろな可能性があります。

産後すぐに感じる場合は、副乳の可能性が高いです。

リンパ節に関しては、やはり専門家の診察が大事になってくるのです。2,3か月しても落ち着かないのであれば、乳腺外科や乳腺クリニックを訪れるとよいですね。