【産後の吹き出物】手軽で具体的な3つのスキンケア対策

16810309692_e88f1c472e_m

「産後、吹き出物が顔にできて治らない!」

口回りやあご、おでこなどの

目立つ場所に、吹き出物ができて

治ってもすぐにできての繰り返し・・

というママさんもけっこういます。

鏡をみるたびに、憂鬱な気分になりますね。

産後の吹き出物の原因は様々ありますが、

子供のお世話で忙しく、スキンケアが

しっかりできていないということも

大いにあります。そこで

時短できる具体的な3つの

スキンケア対策を紹介しましょう。

産後の吹き出物の原因は?

産後に吹き出物ができてしまう

理由はどこにあるのでしょう。

よく言われるように

  1. ホルモンバランスの乱れ
  2. 寝不足
  3. ストレス

などが原因で、肌質が悪化することが

あります。吹き出物までいかなくても

産後オイリー肌になったり、

以前よりゴワゴワする・・

といった肌になると感じる場合もあります。

また以前よりも体質が変化して、

乾燥肌や敏感肌になりやすく

なる人もいます。さらに

産後の吹き出物の原因として

スキンケアをしっかりできていない

ということも考えられます。

産後すぐは、とくに赤ちゃんの

世話に明け暮れて

満足に顔も洗えなかったり、

保湿も雑になりがちです。

普段もすっぴんでいる状態が続くと、

乾燥しやすくなり、吹き出物が

出やすくなることがあります。

以下のような具体的な対処法をとって

スキンケアをおこないましょう。

産後の吹き出物対策~具体的な3つの対処法

スポンサーリンク

対処法1、ふき取り化粧水を使う

産後は赤ちゃんのお世話で

どうしてもスキンケアに

時間を取れなくなってしまうものです。

わかっていても優先順位からしていくと、

自分のお肌のケアは

後回しになってしまいます。

そんなときに使いやすいのが

ふき取り化粧水です。とくに、

  • あご
  • おでこ

などいわゆるTゾーンに

吹き出物がよくできます。

皮脂や油は顔の中心上に出やすいのです。

余分な皮脂をしっかりとるようにしないと。

ニキビや吹き出物がすぐに出てしまいます。

そこで、忙しい時も使える

ふき取り洗顔で古い角質を

取ってあげましょう。コットンにつけて

優しくなでると洗顔代わりとして使えます。

ふき取り後はすぐに保湿を!

ふき取り後は、余分な皮脂がとれた

状態になっています。そのあと

すぐに保湿クリームなどをつけて

保護しましょう。ふき取り化粧水は

ドラッグストアなどで買うことができます。

※おすすめは明色のスキンフレッシュナー♪

このスキンフレッシュナーは、

お安いのにすっきりと余分な皮脂を

取り除いてくれます。拭いた後に

つるつるした感じがわかります。

おでこやあごに吹き出物が

できやすいときに使うとよいでしょう。

とにかくコスパが良いので手が出しやすいです。

対処法2、泡洗顔を使う

最近は、ポンプタイプで押すだけで

最初から泡が出るタイプの

洗顔料があります。赤ちゃんがいる

お母さんんにはとてもおすすめです。

なんといっても

泡立てる時間を短縮できるメリットは大きい!

管理人もお風呂に泡洗顔を

置いてありますが、とにかく

楽ですし肌に負担をかけずに

時短しながら洗えます。

洗顔のときにモコモコ泡を気になる部位にのせて、泡に汚れをつけるようなイメージで優しく洗いましょう!

対処法3、ビタミンB2サプリをとる

肌荒れに効くだけでなく、

産後や授乳中は不足しがちになる

ビタミンB群。肌対策だけでなく、

疲れを取りやすくなるので、

飲むのが手っ取り早いです。

おすすめはチョコラBBプラス

有名どころですし、授乳中でも

飲んでOKなサプリメントになります。

用法を守って飲みましょう。

体のなかから手軽にできる

スキンケア法になります。

ボディーソープの見直しも・・

おでこやあご以外の背中などの

体に吹き出物が出る場合、

ボディソープの流し残り

ということもあります。肌に

やさしいソープを使ったり、

あまり体にボディシャンプーを

つけない洗い方をすることで

改善できることがあります。

また髪の生え際や頬に

吹き出物が出やすい場合は、

シャンプーなどの頭髪料の

洗い残りが原因のことも!

忙しいですが、しっかり

すすいであげましょう。また

髪がおでこや顔ににかからないように

まとめることも大事です。

>>産後のアホ毛対策&髪型~3つのおすすめアイテム

>>産後の不安感はいつまで続く?【気軽にできる5つの解消法】

終わりに

産後の吹き出物に対しての対処法でした。

赤ちゃんを産んだ後は、いっきに

ライフスタイルが変わり、知らずに

肌に負担をかけてしまうのです。

あごやおでこなど目立つところに

できるのでいやになりますね。

使いやすいアイテムを活用して、

時短しながらスキンケアを

おこなうのが一番よいと思います。

最近は安くて優秀なものも

増えていますので、上手に

利用するとよいですよ。