《夜の母乳漏れ対策》大きめブラ+母乳パッド4枚作戦で乗り切ろう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

FeliZidad_0109158 / danielpeinado.photo

「横向きになって寝ると必ず母乳が漏れる・・」

夜中の授乳の悩みの一つが、母乳漏れです。

服や布団がビショビショに濡れて、

気持ち悪い思いをした

ママさんは多いでしょう。

油断するとすぐに横から

もれてしまうので、結構な

ストレスになってしまい、

やるせないですね。そんなときは、

大きめブラ+母乳パッド4枚作戦を

使った母乳漏れ対策がおすすめです。

夜の母乳漏れ対策~大きめブラ+母乳パッド4枚攻め作戦

母乳パットをしっかりつけていても、

横からはみ出しててベチャベチャに

なることがあります。夜中だと

冷たく感じますし、何より

不快になりますよね。そこで

以下の対策をしてみてください。

スポンサーリンク

1、大きめのサイズの授乳ブラを用意

LかLLサイズでよいと思います。

授乳ブラで、できればスポーツブラのような

形のものがよいです。授乳用でなく、

普通のスポーツブラのほうが

締め付け感がなくてよいという

意見もありますが、いずれにしても

大きいサイズを選んでください。

2、母乳パッドを4枚貼る

通常は片方に1枚ずつセットして、

合計2枚使いますが、夜中に関しては

4枚使います。昼間は2枚で大丈夫ですが、

夜中はどうしても横から漏れるのです。

ですから

ブラのカップの部分に二枚を

左右に貼り合計4枚セットしましょう。

3、フェイスタオルをはさむ

普通の洗面所等で使う

細長いタオルをたたんで

パットと胸の間に挟む

このために、大きめのサイズの

ブラが適しているのです。

寝る前にこのセットをして寝ると、

朝に漏れる心配は

ほとんどありません。ぜひ試してください。

※タオルを入れるとブラがきつい!

ブラのなかにタオルをあてるので、

大きめのものを用意しても

きつく感じることがあるかもしれません。

胸が張ると苦しいですね。

どうしても苦しい場合は、

下着と服の間にタオルを

入れるようにしてみてください。

こうすると、下着は濡れる

かもしれませんが、布団や

パジャマへの浸透は防げます。

もちろん母乳の量やバストの

大きさなどで漏れてしまうこともあります。

大変ですが、授乳後に

胸のミルクの出具合を確認して、

タオルを交換するなどしておくと、

布団がグチャグチャ事件は免れるでしょう。

母乳の出が落ち着くまでの辛抱!

産後すぐは、うまく母乳が

ではじめると、突如母乳製造機と化した

ボディになります。ありがたいことですが、

必要以上におっぱいが出て

焦るママさんもいますね。

ただ、4,5か月ほどたつと、

飲む量に応じておっぱいの量が

作られるようになっていきます。

飲んだ量だけ、胸が張るようになるので

だいぶ楽になります。

それでも油断すると、

夜中の授乳で横漏れしてしまうことは

ありますが、さきほどの4枚作戦や

タオルをはさまなくても

大丈夫なります。少しの辛抱ですので

頑張ってくださいね。

>>授乳中の姿勢【猫背を防ぐ楽な方法】“あぐら“って良いの?

>>【授乳中のコーヒー】毎日何杯までならOK?コーヒー牛乳やゼリーについても調べたよ♪

終わりに

夜中の母乳漏れ問題・・。

布団も触れるし嫌な感じがするので、

意外とストレスになりますね。

ただでさえ赤ちゃんの

お世話がありますので

少しでも快適に過ごしたいですね。

上記の母乳横漏れ作戦を

ぜひ試してみてください。

胸の大きさや張り具合、

授乳間隔によっては、

はみ出ることあるかもしれませんが、

漏れは軽減されるでしょう。