【子供の夜中の咳対策】咳を鎮めるためのホームケア5つ

「子供の夜中の咳が酷い・・鎮める方法は?」

あまりに激しい咳き込みに親も心配になります。どうにしかして咳を鎮めてあげたいです。

そこで、

家でできる夜中の咳対策5つを紹介しましょう。

簡単にできるものもありますので試してくださいね。

【子供の夜中の咳対策】咳を鎮めるためのホームケア

スポンサーリンク

1、上体を斜めに起こして寝かす

布団の下にたたんだ毛布かなにかをあてて、

上体が斜めになるように寝かすと咳対策になります。

上体(胸から上)が少しでも高くなると、たんや喉にたまった鼻水が呑み込みやすくなるので、咳を鎮める効果があります。

45℃の傾斜が理想的と言われていますがあまり神経質になることはありません。

注意点としては、首から上だけ斜めにしないようにすることです。

アゴを引いた状態になると、呼吸がしにくくなりますので、胸元から斜めにしてあげましょう。

2、加湿をおこなう

空気が乾燥すると、痰や鼻水が粘った状態になりつまりやすくなり咳の原因となります。

目安は60~70%になるようにしたいですね。

冬の季節は、普段から湿度を高めにしてウィルスが好む乾燥状態を作らないのが理想です。

加湿器がもっとも簡単な方法ですが、以下の方法も効果的です。

  • 濡らしたタオル数本を干す
  • 子供の顔の近くに濡らして絞ったおしぼりをおく
  • マスクをつけたまま寝かす

マスクをつけると口の中の湿度が保たれますので、咳を鎮める効果があります。

夜のマスクを嫌がる子供も多いのですが汗。できそうならマスクで寝かせてあげてください。

3、お水を飲ませる

水分を飲むと、喉にたまった痰や鼻水がやわらかくなり、鼻水が飲み込みやすくなったり痰が切れやすく快適になりやすくなるのです。

お水ではなく白湯でもかまいません。

コツはチビチビ少しずつ飲ませること!

一度にたくさん水を飲ませるとむせて咳き込む原因となります。少量ずつ飲ませましょう。

また、

水の冷たさによって、交感神経優位になり、気管支を広げる効果も期待できます

一時のことですが、こちらも咳対策になります。

眠っていてもOK

子供が寝ているときは、スポイトでチビチビと水分を口から与えることができますよ。

寝た状態のままでよいので子供もぐずらないので安心です。口に含ませるように少量の水分を飲ませると、水分を含んで柔和された鼻水や痰になり咳を鎮める効果が期待できます。

4、朝方に室温をあげる


new air conditioner / hirotomo

季節や地域にもよりますが、

朝の日の出直前が一番冷える時間帯と言われています。

また、

朝方は1日のうちで一番ガクンと急に気温が下がる時間帯

だそうです。そのときに、乾いた空気や冷たい空気に触れることで、気管が刺激をうけて咳き込みやすくなることが少なくありません。

ですので

朝4時~4時半頃に室温を上げる

こうすると、日の出前にガクッと室温が下がらなくなり、咳対策に効果的なのです。

ストーブやエアコンのタイマーをセットしておきましょう。乾燥はしますので、夜通し加湿対策はおこないます。

5、寝具を清潔にする

ホコリやダニの死骸などが原因で咳を引き起こすこともあります。アレルギー性の咳でも、感染症の咳でも、外部からの刺激に敏感に反応しやすいです。

今一度、布団を干したり、掃除機で吸うなどしてきれいにしましょう。

なぜ夜中に咳が酷くなるの?!4つの原因

%e7%84%a1%e9%a1%8c
SAKURAKO wears a protective mask. / MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

そもそもなぜ寝ているときに咳が酷くなるのでしょう。以下のような要因が考えられます。

  1. 夜は副交感神経が優位になり気管支が狭くなる
  2. 夜は副交感神経が優位になり鼻水や痰などがより粘り気味になる
  3. 空気が乾燥して鼻水や痰などがより粘り気味になる
  4. 寝た状態だと鼻水が喉に落ちるので咳き込む

夜中の咳のメカニズムを知るとケアしやすくなります。

小さい子供は、胃の形がまだ成熟していなくまっすぐしているためひどい咳き込みで嘔吐することもあるのです。

また、

咳を10回する=散歩10分ほどのカロリーと同じ

なのだとか。咳が続くとけっこうな体力を消耗することがわかりますね。子供ならなおさらです。

そうならないためにも上記のホームケアで、夜中の咳を鎮めてあげてください。また緊急的に市販の薬を使うのもよいですよ。

>>ヴィックスヴェポラップの効果的な使い方4つ~咳にも効くの?!

終わりに

子供の夜中の咳対策でした。ひどい咳をしていると心配になりますね。

当然病院に行くのが大前提ですが、合わせて家でできるケアもおこなうとよいでしょう。