【赤ちゃんの熱中症対策】7つの初期症状のサイン&応急措置


Shiny happy / roxeteer

「赤ちゃんが熱中症になるときの

初期症状のサインが知りたい!」

まだお話しができない赤ちゃんですので、

ママとしてはとても気になりますね。

暑い季節や湿度の高い季節が近づくと、

熱中症が心配になります。

ちょっとしたサインを見逃さないで

早めに対処したいですね。そこで、

赤ちゃんが熱中症になる前の

初期症状のサインを紹介しましょう。

【赤ちゃんの熱中症】超初期症状のサインは?

赤ちゃんが熱中症になるときの

サインとして超初期症状が以下になります。

  1. 顔が赤い
  2. 機嫌が悪い
  3. ミルクを飲みたがる

まず最初の段階として

上記のサインがでます。この段階で

水分を取らせて涼しいところに移すと

大きな問題には至らないでしょう。

暑い場所にいるときや

湿度が高い室内にいるときは、

赤ちゃんのちょっとの変化を

見逃さないようにしましょう。

その後上記の段階を経て

次のサインが出ます。

次の初期症状の7つのサイン

  1. 汗をかかなくなる
  2. おしっこの量が少なくなる
  3. 唇が乾く
  4. おなかの皮がシワシワする
  5. 飲みが悪くなる
  6. 泣き声がよわよわしい
  7. ぐったりする

ちょっとでもおかしいなと思ったら、

すぐに涼しいところに移します。

母乳やミルクでも、イオン水でも

よいので飲ませましょう。

こまめに飲ませることが大事です。

進行すると、ミルクやおっぱいを

ほしがらなくなります。顔だけでなく

唇やお腹の様子も見てみるとよいですね。

泣き方が弱くなったり

おしっこの量が少ないと要注意です。

熱中症の応急措置【5ステップ】

次に万が一、意識があいまいになったり

ぐったりした場合の救急措置を

紹介しましょう。赤ちゃんの場合は、

大人がしっかり見ているはずですので、

ここまでには至らない

とは思いますが、念のため

知っておくとよいですね。

スポンサーリンク

1,意識がもうろうとしているなら迷わず救急車

まず、ぐったりして意識が

ないならすぐに救急車を呼びましょう。

2,涼しい場所へ移動


arbor / 木陰 / Kanko*

  • 屋外にいるなら→日陰や風通しのよいところ
  • 屋内にいるなら→エアコンのきいた涼しいところ

エアコンなどがない場合、

うちわなどで風をあててあげるとよいです。

3,衣服を脱がせ体を冷やす

太い動脈や静脈が通っている体の部位(首、足の付け根、脇の下、おでこなど)を氷のうで冷やす

氷のうは100均にも売られていますが、

急な事態で手に入らないことが

あります。そんなときは

家庭用ジップロックが

氷のうの代わりになります!

氷とお水を少々入れてチャックを閉めて

タオルで巻いてあてるとよいです。

ほかにも

冷えたペットボトル

でも代用できます。緊急手段として

有効的ですね。

※体をぬらしてもOK!

  • 濡れたタオルで拭く
  • 霧吹きをかける

以上のようなことをして

体の体温を冷やす方法もあります。

4,水分補給

意識があるなら、塩分と水分が

一緒に飲めるスポーツドリンクがおすすめです。

意識があいまいなら

無理をせずに救急車を待ちます。

5,落ち着いたら病院へ

状態が安定したように見えたら、

診察を受けましょう。軽い症状と思っても、

熱中症以外のほかの病気の

場合もありますので、必ず受診します。

タクシー車などを使って

涼しい環境で病院に向かうとよいです。

以上が熱中症の応急対策でした。

赤ちゃんの場合は、真夏に出かけるときの暑

さ対策グッズや服装などにも

十分気をつけましょう。

>>【赤ちゃんの暑さ対策グッズ】真夏のベビーカーに絶対必要な3つのアイテム

>>【赤ちゃんの真夏の服装】外出時や寝るときのおススメの着せ方♪

>>赤ちゃん頭に汗かきすぎぃ!理由&対策方法【1日2時間汗をかくのが理想】

終わりに

赤ちゃんの熱中症になる前の初期症状の

サインと応急措置でした。暑い季節に

外出する際や湿度の高い室内に行く際には、

十分気をつけましょう。

暑い季節は、涼しい時間に外に

出ることをおすすめします。赤ちゃんの

いつもと違うちょっとした

初期症状のサインを見逃さないでくださいね。