【梅雨時期の赤ちゃんの服装選び】5つのポイント~ママの温度センサーを基本にしよう♪

26246439955_2560952fc2_m

「梅雨時期の赤ちゃんの服装って

どうすればいいの?」

梅雨の季節は、涼しくなったり、

急に蒸し暑くなったりと判断に困りますね。

つい赤ちゃんを特別視してしまいますが、

親の感じ気温の感覚から考えるとよいですよ。

そこで、梅雨時期の赤ちゃんの

服装選びのポイントについて

紹介しましょう。あまり神経質にならないで

服装を選んでくださいね。

赤ちゃんの服装の基本をおさらい!

まず赤ちゃんにどれくらい

着せるかについての基本を

おさらいしましょう。

赤ちゃんの服の基本

生後2ヶ月まで→大人と同じ枚数着せる
生後3ヶ月以降→大人より一枚少なく着せる

以上のスタイルにさせるようにします。

梅雨時期はなんとなく

肌寒い日もあり、蒸し暑い日も

ありますね。基本の赤ちゃんの

服装をチェックしたうえで、

梅雨時期の赤ちゃんの服装選びの

ポイントを考えてみましょう。

梅雨時期の赤ちゃんの服装選びのポイント

スポンサーリンク

1、ママが寒ければ赤ちゃんも寒い

ママが寒ければ赤ちゃんも

当然寒いわけで、ママが蒸し暑いと思えば、

やはり赤ちゃんも蒸し暑いとうことです。

まずは

大人の判断で、服の調整をしましょう

3か月以上の赤ちゃんの場合、

なんとなくママ自身が肌寒いなと思ったら、

自分が着ている枚数から

1枚減らすとちょうど

よいということになります

2、暑いかどうかの判断→首元や背中をチェック!

助産師さんによると

「首まわりや背中を触って汗をかいていたら着せすぎ」

1枚薄着にしてあげましょう。

首元にじっとり汗を

かいているようであれば、

暑いと判断できます。

1枚薄くしてあげましょう。

梅雨時期も温度や湿度によっては、

肌着1枚でOKの日も少なくありません

親が感じるセンサーとも相談して

服装を決めてくださいね。

3、寒いかどうかの判断→背中やお腹をチェック!


IMG_7703.jpg / airumair

「赤ちゃんの手足はけっこう冷たいので寒いかも?と気にしなくてもOK!」

梅雨時期でもなんとなく涼しい日があります。

寒いかどうかは、お腹背中を触って

判断しましょう

ひんやり冷たければ

一枚着せてあげます。

初めての育児の場合、

着せすぎ傾向が強いと言えますが、

あまりに薄着だと心配です。

手足のような末端ではなく、

体の中心部を触ってチェックします。

4、赤ちゃんのサインをチェック!

ものを言えない

赤ちゃんですが、

なんらかの不快があれば、

  • 泣く
  • 機嫌が悪くなる
  • グズる

以上のような

不快アピールをするはずです。

梅雨の季節の赤ちゃんが、

いつもと同じような状態であれば、

特に寒いこともなく暑いと

感じていることもないと

いうことです。安心してください。

5、汗をかいたらお着替えを!

梅雨時期は、予想以上に

蒸し暑くいときもありますね。

首や背中を触って汗ばんでいたら

すぐにお着替えをさせましょう。

また、お出かけの際には、

ベストタイプのものを

持っていくと寒い場所でも

安心です。わからなければ、

赤ちゃんのお腹や背中を触って

寒いかどうかを確認しましょう。

ご機嫌であればあまり気にすることはありません。

>>【梅雨時期】スタイの臭い取り~体に優しい5つの方法

>>【赤ちゃんの暑さ対策グッズ】真夏のベビーカーに絶対必要な3つのアイテム

終わりに

梅雨時期の赤ちゃんの服装選びの

ポイントでした。まずは大人が

感じる気温を参考にして、

決めるとよいですね。

気になったときに、赤ちゃんの

背中やおなかを触ってチェックしましょう。

いつもと機嫌が一緒であれば、

あまり気にしなくてOKですよ。