赤ちゃんの爪を切るときのベストなタイミング《月例別にみた爪切りを嫌がる時のコツ》

4299359657_bd42c20940_m

「赤ちゃんの爪の切るタイミングやコツは?」

「爪切りを嫌がるようになり困った・・」

こんな風に感じるママさんはいませんか。

新生児のころは顔を掻いてしまうので、

マメに切ってあげたいですね。

また月齢が上がると爪切りを

嫌がるようになるので、

親としても大変に感じますね。

そこで月例別に見た赤ちゃんの

爪を切るタイミングやコツを紹介しましょう。

赤ちゃんの爪を切るおすすめのタイミング【月齢別に見た爪切りのコツ】

スポンサーリンク

新生児~月齢が低いとき(~2,3か月)

新生児のころや月齢が小さいうちは

授乳やミルクをあげている

タイミングに爪を切る

家族に手伝ってもらいながら

爪を切るという作戦がうまくことが多いです。

この時期はとくに顔をひっかいて

傷をつけています。お顔を掻くのは

仕方がないので、こまめに

赤ちゃんの爪をケアしてあげたいですね。

月齢が上がったら

個人差がありますが4か月~になると、

ミルクや授乳中に爪を切ろうとすると、

嫌がって手や足を動かすようになって

爪切りがうまくできないと

感じるときがくるでしょう。そんなときは

寝ているとき

このタイミングで爪を

カットするしかないですね。

以下のポイントがあります。

1、寝た直後が一番切りやすい

rem

http://kenko-suimin.com/basic/remより

寝た後の30分から1時間後に一

番深い眠りになるノンレム睡眠が訪れます。

赤ちゃんが、ある程度睡眠リズムが

整いはじめてからの話になりますが、

図のように夜の睡眠後が

一番深い眠りになるので、

ちょっとのことで起きません。

この時間帯を狙って爪を切りましょう。

2、スマホ端末のライトを当てる

部屋全体を明るくしても

OKの赤ちゃんならよいのですが、

なかには、すぐに

起きてしまう赤ちゃんもいます。

そんなときは面倒ですが、

スマホのライトをあてて

コソコソとカットするとよいですよ。

1歳過ぎになると・・

少し大きくなると、以下の方法も試せます。

1、DVDを見せているときにカット

アンパンマンなどの好みのキャラの

DVDを見ている時に、

爪を切るというものです。

好きなDVDを見ているときの

子供の集中力はすさまじいです。

DVDを見ているときに、

ササッとカットしてあげましょう。

2、爪切りを工夫する

  • 爪切りに好きなキャラのシールや絵を描く
  • 爪切り後にご褒美として手にシールを貼ってあげる

こんな工夫をすると、子どもは

我慢して切らせてくれます。

子供だって手や足を

固定されるのは嫌なものです。

ちょっとしたご褒美や楽しみを与えて、

爪切りするというのも一つの方法です。

また、

2歳過ぎると喜んで

爪切りさせてくれる子供もいる

子供の性格によってさまざまですが、

けっこう苦も無くやらせてくれるように

なることもあります。少しの

辛抱ですのであれこれ工夫して

頑張ってくださいね。

おすすめの爪切りは?

ママによって好みがありますが、個人的には

ハサミタイプがオススメ!

刃がそるようにカーブしているものが

使いやすいと思います。

いろいろ種類がありますが

シンプルで安いもので

十分ではないでしょうか。

なかには、100均で売られている、

眉毛カット専用のハサミが

使いやすいというママもいます。

赤ちゃんのヤスリは使える?!

最近は赤ちゃん用の

やすりも売られていますね。

時間があるときの爪切りの

仕上げに使ってもよいでしょう。

ちなみに赤ちゃん用のヤスリは

けっこう高いので、100均の

紙やすりを使うという手もあります。

気になる人は、100均のものから

試してみるとよいかもしれないですね。

最近はさらに

赤ちゃん用電動ヤスリ

も販売されています。動きが

ゆっくりなので深爪になりにくい

というメリットがあります。

  • 赤ちゃんの爪の切りすぎが心配
  • 小さい爪を切るのがとにかく怖い

こんな心配のあるママさんにはお勧めです。

>>子育てや育児で大切なこととは?管理人が考える4つのこと

>>【赤ちゃんと散歩】毎日必要?!散歩の5つの効果とは?

終わりに

赤ちゃんの爪を切るときのベストな

タイミングとコツでした。爪切りを

嫌がるときの年代別に見たテクニックです。

使えそうな部分を試してくださいね。

なれると度胸がついてママも

だんだん上手にカットできるようになります。

そのうち子供が嫌がることなく

させてくれたらうれしいですね。