子供の乗り物酔い対策【薬がなくても手軽にできる対処法7選】

342704965_cd13b82918_m

「子供の乗り物酔い対策が知りたい!」

「薬以外でできる対処法は?」

ドライブや行事、イベントなどで

長い時間に車にいると、乗り物酔いする

子供も少なくありません。3歳頃から

乗り物酔いが出るといわれています。

具合が悪くなるとかわいそうですね。

そこで、薬に頼るだけでなく

気軽に実践できる子供の乗り物酔い対策方法を

紹介しましょう。遠出の予定がある家族は

事前に知っておくとよいですよ。

子供の乗り物酔い対策【手軽にできる対処法7選】

スポンサーリンク

1、窓を開ける

車内のこもった臭いで余計に

気持ちが悪くなることがあります。

換気をして少しでもさわやかな風を

入れてあげましょう。

2、飴を与える

チョコレートや飴のようなものを

食べると血糖値が上がり、

酔いにくくなるとされています。

ぜひ子供に食べさせてあげてください。

3、氷をなめさせる

7190209429_6d6b828104_m

水筒に入っている氷を飴のように

なめさせることで、冷たい感じが、

交感神経を優位にさせて

乗り物酔いを抑える効果が期待できます

氷をかじるのではなく

「なめる」のがポイント!

ちょっと気持ち悪くなったかな

と思ったらすぐに与えるとよいですね。

ほかにも

首周りを冷やす

こんな対処法でも交感神経を

優位にさせるの効果的なのです。

4、おやつを与える

食べ物や飲み物も少々なら問題ありません。

気を紛らわせるという意味でも

適度なおやつや飲み物を用意しましょう。

※柑橘系には注意

柑橘系の食べ物やジュースは、

胃の動きを活発にさせる効果があります。

乗り物酔い防止したいなら、

柑橘類は控えましょう。

また子供に満腹になるまで

食べさせないでください。

  • 空腹時
  • 満腹時

このどちらかのときが、

胃液が活発になり

酔いやすくなると言われています。

5、運転手も気をつける

  • 安全で丁寧な運転をこころがける
  • タイヤの空気圧を確認する

以上のようにして、運転時の

上下の振動を抑えるようにしましょう。

乗り物酔いは

左右の振動ではなく

上下の振動のほうが酔いやすい

子供のためにも、運転手の

丁寧な動作が大事になってくるのです。

またタイヤの空気圧も調節しておくと、

多少の振動を抑えることができます。

6、前&窓側に座り遠くを見る

酔いやすい子供は、

車の進行状況がわかるように

前側の席や窓側に座り、

体も前を向くようにします

バスの場合は、前方に座らせるように

するとよいですね。いざという時の処理も

楽になります。またなるべく遠くを

見るようにさせると、乗り物酔いしにくくなります。

7、ゲームやクイズをする

「酔ったらどうしよう?」

と、親も子供も心配しすぎたり

不安な気持ちになると、かえって症状が

出やすくなることがあります。そんなときは、

  • しりとり
  • ダジャレゲーム

など、気を紛らわせられるような

簡単なゲームをおこなって

楽しく時間を過ごしましょう。

子供の乗り物酔いの薬はどうなの?

最近は子供用の甘い味のする

酔い止め薬が販売されています。

  • 水なしで飲める
  • ドロップタイプのものがある

以上のように飲みやすい工夫が

されているものも増えています。また

ドリンクタイプの酔い止め薬は効果が高い

という口コミもあります。乗り物酔いが

心配な場合は、遠出の際の予防として

持ち運ぶとよいですね。

薬はいざという時の保険代わりで用意しよう!

薬に頼らなくても上記の方法で、

乗り物酔いを軽くすることができます。

是非参考にしてください。

>>【子供連れの花火大会】何歳から行ける?あると便利な持ち物5選

終わりに

子供の乗り物酔い対策でした。

子供のなかには3歳ころから

酔うようになる子もいます。

そして小学生~中学生頃に

多く見られるようになります。

また、急に訪れることがあります。

遠出のドライブやイベントの時に、

子供に乗り物酔いの症状が見られたら

上記の対処法をおこなってくださいね。