《赤ちゃんがミルクの時にむせる理由》考えられる5つの原因と対処法

610965002_0ab99dca77_m

「ミルクをあげるとすぐにむせる・・」

赤ちゃんは、産後3週間~1か月頃に

むせやすくなったと感じることがあります。

親御さんは、ゴホゴホっと

激しくせき込むのでとても

心配になっているのではないでしょうか。

少しでも改善できたらうれしいですね。

そこで、赤ちゃんがミルクを飲むときに

むせる原因と対処法を紹介しましょう。

適した対応をしていけば、成長とともに

うまく飲んでくれるようになりますよ。

赤ちゃんがミルクを飲むときにむせる5つの理由

スポンサーリンク

むせる理由1、ミルクの出る量が少ない

赤ちゃんが飲める量に対して、

ミルクの出る量が少ないことが原因で

むせることがあります。

口の中でミルクをためてから

飲んでいるように見えるのであれば、

乳首のサイズを確認するとよいですね。

哺乳瓶の乳首のサイズ・・SSサイズは

大体生後1ヶ月くらいまで

と言われています。もしも

産後一か月ほどたっているのであれば、

ワンサイズアップしたSサイズの乳首に

変えてみるとよいかもしれません。

当然ですが、

乳首のサイズを替えるときは、

すべての哺乳瓶のサイズを切り替えること!

たとえば昼はSSサイズで夜は

Sサイズを使う・・などと

しないでくださいね。吸うときの

加減が違うと、赤ちゃんが混乱してしまいます。

むせる理由2、ミルクの量が多すぎる

今度は逆に、

ミルクの出る量が多すぎて赤ちゃんが

間に合わずに呑み込めなくてむせてしまう

ということも考えられるのです。

ミルクが口に入ったまま

息を吸うためむせてしまうのです。

その場合は、

哺乳瓶のキャップをいつもより

少々きつめにすると、たくさん

吸わないと出ないようになります。

結果ミルクの出すぎを防ぐことができます。

むせる理由3、哺乳瓶があっていない

3201770064_c13884d57d_m

今の哺乳瓶の乳首が赤ちゃんの口に

合っていない可能性もあります。

  • シリコンゴム製
  • 天然ゴム製

硬さや素材などさまざまなタイプの

哺乳瓶が用意されています。ゴム製だと

柔らかすぎてうまく吸えない

赤ちゃんもいるのです。また乳首も

  • 丸形
  • クロスカット
  • スリーカット

のタイプがあります。

違うものを試してみるのも

一つの方法です。

むせる理由4、赤ちゃんが慌ててしまう

赤ちゃんがミルクを飲むのがうれしくて

少々慌てて飲んでしまい、

むせてしまうことも考えられます

興奮して一生懸命飲むときに、

赤ちゃんの口が開いてしまい余計むせる

こんな状況になるのです。

赤ちゃんはだんだん学習して、

口を閉じたほうがたくさん飲めると

理解するようになるのですが、それまでは

赤ちゃんのアゴを少し押さえて口を開かないようにする

上記のようにするとよいですよ。

哺乳瓶を持っている手の小指で

やさしくアゴを支える感じです。

むせる理由5、赤ちゃんの飲み込む力や消化器系が未熟

また、生後1,2か月頃だと、

赤ちゃんの飲み込む力や消化器系等が

まだまだ未熟なため、むせやすい

ということも考えられます。

成長しながら、吐いたりむせたりを

繰り返して、どんどん上手に

飲めるようになってくるものです。

ただあまりにも頻繁だと

心配になりますね。そんなときは、

  • 市の相談窓口で保健師さんに相談する
  • 小児科に診てもらう

などして専門家の意見を聞くとよいですね。

哺乳瓶の乳首のサイズの相談なども

一緒におこなうとよいです。

赤ちゃんがむせたときの対処法

赤ちゃんがミルクを飲んでいる途中で

むせたら以下のように対処します。

  1. 授乳はいったん休みにする
  2. ゆっくり体を縦に抱く
  3. 背中を優しくトントンする

呼吸が落ち着いたようであれば

再び飲ませましょう。

赤ちゃんがむせるということは、

気管支にミルクが入り

吐き出そうとしてむせているのです。

気管支にミルクが入ったときに、

一緒にばい菌も入ってしまえば

肺炎気管支炎になってしまうこともあるのです。

またむせたりせき込むことが癖になると、

はき戻ししやすくなります。咳き込んだら

すぐに対処してあげましょう。

>>【3~4か月】遊び飲みへの対処法5つ~ダラダラ飲みは成長している証拠!

>>【作り置きミルク】外出先で与えてもいいの?冷蔵庫保存はできるの?問題を検証してみた

終わりに

ミルクをあげているときに

むせる原因と対処法でした。

とくに初めてのことだと、

なんでも不安に感じますね。

管理人も同じ気持ちでした。

ただ、この時期の赤ちゃんは、

むせることが多いのです。成長とともに、

飲む力も高まり上手に

飲めるようになってきます。

赤ちゃんが飲んでいる姿をよく見て、

これかな?という対処をためしてみてください。