エルゴを洗濯機(ドラム式でもOK)で洗うときの5つの注意点


Ergo Sport / Driving in Heels

「エルゴの洗濯方法ってあるの?」

「洗濯機で洗うとベルト部分が壊れそうで心配・・」

そんな疑問を持っているママさんはいませんか。

大人気抱っこ紐エルゴですが、毎日使っていると、どうしてもよだれや汗、手あかがついて汚れてきますよね。

赤ちゃんが触る部分なので清潔にしたいものです。そんなエルゴの汚れは、洗濯機(ドラム式でもOK)を使うとよいですよ。コツをつかんで楽&時間短縮してきれいにしましょう。

エルゴの洗濯方法~洗濯機(ドラム式でもOK)で洗うときの5つの注意点

スポンサーリンク

1、洗剤の種類は中性洗剤を!

洗剤は中性洗剤を使うのがおすすめです

エマールなどの中性洗剤は、色あせや型崩れを防ぐ効果が期待できます。

コースはドライコースがベターです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

エマール公式HPより

エルゴの洗濯表示マークは上記のものが多いです

上記のマークは、中性洗剤を使って、ドライコースで洗濯OKなマークになります。

もちろんドラム式でも問題なく洗うことができますよ。

※柔軟剤はどうする?

また、柔軟剤や漂白剤は使わなくてもよいでしょう。漂白剤を使用することはないと思いますが。

柔軟剤に関してはあまり神経質になることはないですし、赤ちゃんの衣料に使用しても問題ないとされています。

ただ、エルゴはフワフワした素材ではないので、なるべく成分が残るようなものは使わないほうがベターです。ですから、

あえて柔軟剤は使わなくてもよいです

2、ベルトやバックルの扱い方

エルゴのベルトなどの金具部分は、締めた状態で洗うとよいですね。固定されるのでスムーズに洗えるでしょう。

また、フードは開けた状態にして洗うと、帽子部分の汚れも取れて一石二鳥です。

3、洗濯ネットに入れて洗おう!

100均などで売られているような、大きめのネット入れて洗うほうが、型崩れを防ぐことができます。ドラム式でも問題なく洗えます。

なかには、ネットを使わないで直接洗濯機に入れてガラガラして洗っているママさんもいます。大事に使っていきたいなら、ネット使用がベターです。

4、乾燥機を使う時

乾燥機を使っても問題ありませんが、

モードで低温使用

にします。できることなら干すのが望ましいです。天気の良いカラッとした日でしたら、1日で乾きます。

ただ、肩の部分は厚みがあるので、日によっては乾きにくいです。天気と相談しながら、時間に余裕をもって洗濯をおこなうのがベターです。

5、おすすめの干し方

エルゴは、つり干しにして乾かす方法でよいでしょう。セーターのように伸びるわけではないので、

ハンガーにかけて干す形で問題ありません。

エルゴの洗濯の頻度は?

エルゴを衛生的に保つためには定期的に洗うのがおススメです。

1ヶ月に一回ほど洗うのががベター

また、一番汚れがつきやすい肩部分に、よだれパッドを付けることで、洗濯の回数を減らすことができます。

よだれパッドを使って洗濯頻度を減らす!

赤ちゃんって、ちょうど肩の紐部分をベロベロするので、肩部分だけ、かなりよだれがつき、汚れるのです汗。

そんなときのナイスなアイテムが、よだれパットです。よだれパットを洗うほうが楽だし簡単ですよね。

よだれパッドは、正規品もありますが

100均などで売られているレッグウォーマーを使って代用することができます

可愛いデザインのものもあるので、こちらをこまめに洗うほうが、エルゴ本体の洗濯の回数を減らすことができますよ。

色落ちや型くずれが心配・・

やはり使用し続けると色落ちは多少出てくるものです。ただ上記のように、

  1. 中性洗剤使用
  2. ネット使用
  3. ドライコース使用

以上のようにするだけで劣化を防ぐことができます。ぜひ気をつけて洗ってください。

>>ベビーカーの雨よけ(レインカバー)の選び方【3つのポイント】&100均のものをうまく使う方法

>>【赤ちゃんへの話しかけ方】心を育てる3つの言葉がけのコツ

終わりに

エルゴの洗濯方法のコツと注意点でした。毎日忙しいお母さん!洗濯機を利用すれば、簡単にきれいにできますよ。

よだれパットや中性洗剤などを利用して、賢く洗濯するようにしてください。エルゴの劣化を防ぐことができますし、少しでも面倒な雑務から解放されます。