赤ちゃんの受け口(反対咬合)対策~原因は遺伝?!いつから治療すればいいの?


laughing / ayes

「赤ちゃんが受け口になっている・・原因はあるの?」

「いつから矯正治療をすればいいのだろう?」

と気になるママさんはいませんか。

上と下の前歯が生えてきた1歳前後に

いわゆるしゃくれや受け口がみられると、

親としては非常に心配になりますね。

そこで、遺伝しやすいと言われる

反対咬合(受け口やしゃくれ口)の

治療の時期や予防策について紹介しましょう。

スポンサーリンク

受け口の原因は?

歯が生えてきた赤ちゃんが

受け口になっていると、やはり気になりますよね。

反対咬合になってしまう理由は

どこにあるのでしょう。

しゃくれや受け口の原因=遺伝

が大きいです。自身やパートナーの

親御さんや祖父母が受け口気味だと、

子供にも遺伝している可能性があります。

さらに

受け口の原因として“癖“

も挙げられます。

  • 上の前歯を後ろに押す癖
  • 指しゃぶりやおしゃぶりの癖

は、しゃくれになりやすいと言われています

おしゃぶりは出っ歯になるとも

言われていますが、受け口を

予防するわけではありませんので、

やめましょう。

むしろ、しゃぶっているときに

上の歯が奥にいくような癖が

あることがあります。受け口の

予防にもなりますので、なるべく

上記のような癖はやめたほうがよいですね。

ただ2歳ころまでは、言っても

なかなか聞かないことも多いです。

あまり神経質にならず、奥歯が

生えそろうまで様子を見ましょう。

奥歯が生えてくると自然に

治る子供は少なくありません。

さらに

“歯ぎしり”は原因ではない

ということも覚えておいてください。

むしろ歯ぎしりはあごの成長過程のなかで

おこなう自然な行為で、受け口の原因と

なるものではありません。

音がすごいので気になりますが、

子供の成長過程でよくあることです。

>>【1歳の子供の歯ぎしり】受け口やストレスが原因?

いつから矯正の治療を始めればいいの?


IMG_4540 / yoshimov

気になるのがいつから歯医者さんに

診てもらえばよいかということでは

ないでしょうか。ひとつのポイントとして、

前歯の永久歯が生えてきても受け口(反対咬合)が

みられるときに治療を始めるとよい

と言われています。

前歯の永久歯が生えてくる時期=4~7歳ころ

この時期まで様子を見てもよいですね。

実際に乳歯がすべて生えそろうと、

受け口が治っているケースも多く見られます。

永久歯の前歯が生えてきてもなお

反対咬合がみられたら、

本格的に矯正しましょう。

もちろん、子供がもっと小さい時期に

診てもらうことはできますが、

  • 動いてしまうため歯型がとりにくく1~2歳代の矯正は難しい
  • 強制的に治療をすると心理的ストレスが大きくなりやすい
  • 3歳すぎてからの矯正でも問題ない

このような理由もあり、

1、2歳代の治療はまだ早いと言えるでしょう。

また、厚生労働省の調査によると、

3歳児検診で子供の4~5%に

反対咬合がみられるというデータがあります。

2歳で反対咬合になった子の

半分は自然に治りますが

3歳児検診での反対咬合→自然に治る確率は6%ほど

というデータもあります。

3歳児検診で反対咬合と診断されたら治療

ということも一つのポイントとして

覚えておくとよいですね。特に

近親者にしゃくれや受け口があるなら、

3歳検診後に専門の歯医者に

出向いて相談するとよいでしょう。

>>【幼稚園を嫌がるとき】NLP心理学から学ぶ3つの対処法~行きたくない原因は?2016年4月19日

>>『ごめんなさい』を絶対言わない2歳児の頭の中はどうなっているのか

終わりに

赤ちゃんの受け口が気になった場合の

対策方法でした。いつから矯正を

すればいいのかが心配になりますが、

早くても3歳過ぎてからでよいでしょう。

しゃぶり癖や上の歯を奥にする癖がある場合は、

優しく諭すとよいですね。なかなか言っても

伝わらない年頃でもありますし、自然に

治ることも多いですで、あまり

神経質にならないで伝えてください。