手(こぶし)しゃぶりをする3つの理由~無理にやめさせないほうがよい!


Fingers / DieselDemon

「手(こぶし)しゃぶりの理由は空腹?」

「いつまで続くの?やめさせたほうがいいのかな?」

と疑問に思うママさんがいることでしょう。

実際に3か月前後になると、自分の手や指を口に入れて、よだれがダラダラ・・なんて姿を見るようになりますね。

やめさせたほうがいいのか?それとも、何か理由があるなら解消させたいと思うことでしょう。そこで

気になる手しゃぶりやこぶししゃぶりの、意味や原因について紹介しましょう。

手(こぶし)しゃぶりの理由や意味は?

スポンサーリンク

1、第一次循環反応期

発達理論の考え方によると、感覚運動期の

第一次循環反応期(1~4か月頃)=心地よい刺激が得られる行動を繰り返す時期

があります。ちょうど指吸いなどの手しゃぶりがこれにあたります。

手(拳)しゃぶりは赤ちゃんにとって

  • 心地よい
  • 気持ち良い
  • 安心する

行動になるのです。この時期におこなう普通の行為なのですね。

2、手を認識する

また、自分の体の一部である手を認識し始めるという理由のために、手やこぶししゃぶりをおこなうのです。

自分の体の一部を理解しはじめて、手をじーっと眺める行動=ハンドリガード

とも言われています。

決して

  • 空腹
  • 愛情不足

という理由で手やこぶしをしゃぶるということではありません

眠くて不快に感じ泣いてしゃぶることもあるでしょう。安心を求めておこなっている場合が多いです。

3、食べる練習

食べ物を口に入れた時に吐かないようにするための練習

という意味で、手しゃぶりや指しゃぶりをするという見解もあります。

こぶしを口に入れてオエっと吐きそうになる(笑)のは、口に入れられる量の訓練ということになるのかもしれません。ほほえましく見守りましょう。

いつまでするの?

手しゃぶりや指しゃぶりは、

離乳食がはじまるころには徐々にしなくなる赤ちゃんが多いです。

それよりもおもちゃなどのほかのモノへの興味がわいて、そちらをなめるようになるでしょう。

また、1歳までには、大多数の子供が手しゃぶりやが指しゃぶりがなくなるというデータもあります。

いつから始まる?

自分の体の一部を認識しはじめる

ハンドリガードの時期は、3~4カ月のころと

言われています。

さらに、先ほどの発達理論における第一次循環反応期は1~4か月頃と言われています。ですから、

早くて1ヶ月~から始まる

ということになります。


201206271213_just because she can / Ambernectar 13

また成長するに従い

こぶしや手しゃぶり→指しゃぶり→足しゃぶり

へ移行するのが一般的です。

指を認識し始め、その後足を理解するようになる過程でのステップなのです。赤ちゃんの一般的な成長の流れにです。

手しゃぶりをやめさせるには?

まず月齢が低い赤ちゃんの時期でしたら、手しゃぶりやこぶししゃぶりを

無理にやめさせる必要はありません。

成長における自然な行動ですので、無理強いしないで優しく見守りましょう。管理人たちの子供もみんな手をしゃぶっていたり、じーっと見ていましたね。今となっては本当にかわいい姿だったと思います。

ただ、指の付け根にホコリやごみがたまるたまる!子供によって、個人差があるのか、やたら長男はごみ持ちでした。気づいたらとってあげてましたが笑。

手しゃぶりや指しゃぶりがなくなると言われる1歳ごろまでは様子を見るとよいのではないでしょうか。

ただ、

3歳を過ぎてもなお、指しゃぶり癖が続く場合は、歯や顎の成長に影響を与える恐れがある

この場合は、専門家に診てもらうことをお勧めします。

手しゃぶりで利き手がわかる?!

よく左手ばかりしゃぶる赤ちゃんがいると、もしかして左利き?!なんて思うかもしれません。実際に関係性は低いです。

赤ちゃん~幼児期は左手をよく使う

こんな傾向があります。

赤ちゃんは、向きやすい方向でしゃぶりやすい側の手を、よく使っているだけではないでしょうか。また

子供の9割の利き手は4歳ころに決まる

というデータがあります。赤ちゃんでは利き手はまだわからないと考えていてください。

>>赤ちゃんの昼夜の区別はいつからつくの?【生活リズムを整えるためにしたい3つのこと】

>>【歯ぐずりがひどい場合の対処法】冷やした歯固めがおすすめ!

終わりに

手しゃぶりやこぶししゃぶりの原因や意味、いつからいつまでするのかについての情報でした。たしかにオエっとなるまで口に入れると気になりますね。

この時期の赤ちゃんのこぶししゃぶりは可愛いものです。今しかない貴重な姿ですから、あたたかく成長を見守りましょう。