赤ちゃんの後頭部ハゲの原因~『名誉のハゲ』とも言われています!


Bald spot from thrashing in the crib – 113 days old / jessicafm

「4か月の赤ちゃんの後頭部ハゲ・・いつ生えてくるの?」

「抜け毛がすごくて、女の子だからこの先心配!」

こんな悩みを持っているママさんはいませんか?初めてのことだと、心配になりますね。

とくに女の子だと、今後生えてくるのかしら・・と気になってくる人もいるのではないでしょうか。

実は赤ちゃんの後頭部ハゲに関しては原因がしっかりわかっています。さらに、珍しいことではないので安心してください。

赤ちゃんの寝ハゲの原因は?

赤ちゃんが3か月頃~4か月頃に、後頭部だけハゲができてしまう現象が起こります。ちまたでは、

「サザエさんの波平みたい!」

「我が家の落ち武者・・」

なんて声もあったりして・・wただ、初めて見るとなんとなくびっくりしますよね。我が子だけなの?なんて焦ってしまうこともあるでしょう。

たいていの赤ちゃんに広く見られる現象ですので、安心してください。

そもそも赤ちゃんの後頭部ハゲの原因はどこにあるのでしょう。

赤ちゃんの後頭部ハゲの原因は

  1. ちょうど3,4か月で髪が生え変わる時期になる
  2. 寝てる時に布団にすりつけて禿げる

と考えられます。

赤ちゃんの首が座ってきている証拠

でもあるのです。また、

仰向け寝が多い赤ちゃん

は後頭部ハゲが起こりやすいことがあります。

あおむけで寝る赤ちゃんだと、うつぶせ寝を頻繁にする赤ちゃんに比べて、まくらに頭をすりすりこすりながら寝ることが多くなります。

どうしても摩擦や静電気で、髪が薄くなる原因を作ってしまうのです。なぜ頭をこすりつけるのでしょうか。

頭をズリズリとこすって眠りに入る=入眠儀式のひとつ

なのだそうです。

ですから、無理にうつぶせ寝にさせる必要はないでしょう。仰向けで、せっかく気持ちよく寝かけているのに、無理やり動かすのはかわいそうですよね。

後頭部が薄くなるのは、多くの赤ちゃんに見られることなので、あまり気にしすぎる必要はありません。

いつから生えるの?


20070101_TJ_head (4)_ps / christine [cbszeto]

そこで、次に気になるのが、赤ちゃんの後頭部ハゲはいつから目立たなくなるの?いつ生えてくるの?ということではないでしょうか。

個人差はありますが、

8ヶ月~10ヶ月くらいになると、赤ちゃんの頭の禿げている部分や、周りの毛が伸びてきて目立たなくなるでしょう。

気づけば普通になってくるでしょう。

体質にもよりますが、だいたい1歳を過ぎれば、薄さが目立たなくなりハゲていたこと自体、ママがすっかり忘れてしまっている・・なんてこともありますので、安心してください。

赤ちゃんの後頭部ハゲの予防策は?

後頭部ハゲを防ぐ方法はあるのでしょうか。なるべく薄くならない方法があるなら試したいものです。一説によると、

スカートの裏地に使われるような、キュプラやベンベルグという名称のツルツルっとした生地を枕にあてると、ハゲを予防できる

とされています。

もちろん個人差はありますし、生地自体が赤ちゃんの肌に合わないなどの問題もあります。夏場の季節には涼しくてよさそうですので、ひとつの参考にしてください。

>>【赤ちゃんと児童館】時間帯や感染、頻度などの疑問あれこれ

>>赤ちゃん頭に汗かきすぎぃ!理由&対策方法【1日2時間汗をかくのが理想】

終わりに

このように、3,4か月頃のベビーの後頭部が薄くなる現象は、多くの赤ちゃんに見られれることなので、気にしすぎなくても大丈夫です。原因もしっかりわかっています。

ある意味、今時期しか見られない可愛い現象ともいえるでしょう。また、あの脳科学おばあちゃんとして有名な久保田カヨ子先生は、

後頭部のハゲは首すわりの証拠「名誉のハゲ」

と唱えています。ひとつの成長の過程として、温かく見守るとよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク