赤ちゃんが抱っこが好きな理由~“輸送反応“に原因があった!


Baby / quinn.anya

「抱っこしないと泣く赤ちゃん・・。」

「抱っこが好きな理由ってあるの?」

と疑問を感じることもあるでしょう。

抱っこしないと寝ない赤ちゃんに

大変な思いをしているママやパパもいることでしょう。

そもそも赤ちゃんが抱っこ好きなのはなぜ?

実は赤ちゃんの抱っこ好き&寝るのが好きな理由は、

科学的に証明されていたのです。

赤ちゃんが抱っこ好き&寝る理由

以前NHKすくすく子育てで理化学研究所

脳科学総合研究センターの黒田 公美さんは

以下のように伝えていました。

哺乳類の赤ちゃんは、親に口でくわえられて運ばれているときは、泣き止む習性があります。移動しているときに泣いたり暴れたりすると、親は運びにくくなり、結果的に敵に見つかりやすくなるからです。これは「輸送反応」といって、自然界で身を守るため、哺乳類に備わっている本能なのです。
人間の赤ちゃんも、抱っこして歩くと心拍数が下がって落ち着き、泣き止みます。抱っこして歩くというのは、力がいるため、ママよりも力があるパパにオススメですよhttps://www.sukusuku.com/contents/qa/8727

赤ちゃん=抱っこしてゆらゆら歩かせると、

心拍数が下がりリラックス効果が高まる

ということになるのです。

哺乳類の生存本能により

備わっている機能=輸送反応が

ヒトの赤ちゃんにも備わっているということです。

a2014-5-3lioness-cub

 

たしかに大人でも

  • 電車でゆられていると眠くなる
  • 車に乗っているとリラックスする

乗り物に乗ってゆられている時間が続くと、

まったりしたり眠くなりますね。

輸送反応という本能が備わっているのではないでしょうか。

さらに赤ちゃんも

ベビーカーにいるとおとなしい

ことがあります。ほかに不快な状態がなければ

移動=リラックスなのです。哺乳類が敵から

身も守るための本能が、

ヒトの赤ちゃんにもしっかり備わっているのです。

赤ちゃんを抱っこする時の効果的な方法

黒田さんはさらに以下のようにも述べています。

赤ちゃんを5分から10分程度抱っこして歩くと効果的です。抱っこではなくて、おんぶやベビーカーでも効果があります。歩くときは、実際に“移動する(輸送する)”気持ちで歩くことが大切です。https://www.sukusuku.com/contents/qa/8727より

  • ベビーカーでも効果的
  • パパでもOK

ということですので、

赤ちゃんをリラックスさせるためには

大変でも“移動させる”のがよいですね。

夜泣き対策でパパが車で

ドライブという行動も理にかなっているのです。

スポンサーリンク

でもママ以外の人の抱っこで泣く!

ただ、時としてママ以外の人(パパやばあば)の

抱っこでは泣くようになる・・

ということもあるでしょう。

この時期の赤ちゃんは、

日中ほとんど一緒にいる

ママとほかの人の区別がしっかりついている

ということでもありますし、

ママの母乳の匂いに反応して

泣いてしまうのかもしれません。

お腹も満たされていたりオムツもきれいな状態なら、

思いきってパパに散歩を頼んだり別室にいて

輸送をしてもらうというのも一つの方法です。

>>赤ちゃんの昼夜の区別はいつからつくの?【生活リズムを整えるためにしたい3つのこと】

>>【赤ちゃんへの話しかけ方】心を育てる3つの言葉がけのコツ

>>《抱っこしないと寝ない赤ちゃん対策》密着系の入眠儀式を

終わりに

赤ちゃんが抱っこが好きな理由や

抱っこで寝る理由には、

ちゃんとした理由があったのです。

生存本能のひとつだったのですね。

ただ、現実はなかなか

うまくいくことばかりではありません。

寝かしつけの一つの作戦として、

輸送行動を覚えておくとよいのではないでしょうか。

パパと協力して輸送してくださいね^^