粉ミルクを溶かすポットの温度は何度?100度はNGなのかという疑問


Got Milk? / skatoolaki

「粉ミルクを溶かす温度は何度が適温?100度でもいいの?」

「調乳ポットの適正温度はどれくらい?」

はじめての育児に奮闘中の

ママさんのなかには、

ミルク作りでもいろいろ

疑問を感じることでしょう。

ミルクを作るときは、高温でも

いけないと聞いたけど・・?と

気になりますね。

実は、2007年以降低い温度の

お湯で粉ミルクを溶かすのは

よくないとされています。そこで

粉ミルクを溶かす適正温度についての

見解を紹介しましょう。

粉ミルクを溶かすポットの温度は何度がよい?

ある粉ミルクメーカーさんは、

調乳ポットの設定温度=80度~90度が望ましい。95度以上はNG

と伝えています。調乳ポットの

温度設定の際には

このようにしてください。

※注意※70度以上のお湯で溶かすこと!

2007年に、世界保健機関と

国連国連食糧農業機関の

ガイドラインの発表を受けて、

70度以上の熱湯でミルクを作るように

厚生労働省が勧めています。

敗血症、壊死性腸炎を引き起こす原因となるカササギ菌を死滅させるため、70度以上の熱湯で溶かすこと!

カササギ菌は、乾燥した粉ミルクにも

含まれていることがあり、

最悪「髄膜炎」を引き起こすこともあるそうです。

最近のミルクの缶には

すべて70度以上と記載されているので

確認しましょう。

この変更は2007年ですので、

ちょっと前まで育児に携わっている人の

知識は変わってきていると

いうことになります。それまでは

40~60度までとされていました。

今現在は70度以上でミルクを

作るのが望ましいので、

ポットの温度=80度~90度にしておくと、

哺乳瓶に入れちょっと冷めてもちょうど良い

のです。

粉ミルクの温度~100度だとどうなる?

逆に高い温度だとどうなの?

という疑問があります。実際に

95度以上超えると、ビタミンなどの

栄養分が破壊されるというデータも

あります。ただあまり

神経質になることはありません。

赤ちゃんの成長に必要な

栄養分が失われるほどなら、

ミルクの缶に100度までのお湯で!

と記載されているはずです

ミルク会社も赤ちゃんに

必要な栄養分をしっかり

配慮して作っています。

ですから多少栄養分が失われても

問題ありません。それよりも

低い温度での調乳をしないように

気をつけましょう。

粉ミルクを溶かすときの温度→安全面を考えるなら温度は「低い」よりも「高い」ほうで!

スポンサーリンク

※調乳ポットがない場合

専用のポットがなく、お湯を

やかんで沸かしてミルクを

作る場合もあるでしょう。

やかんから湯気がわいている状態=100度

ですから、お湯がわいて少しおけば(2,3分ほど)

90度ほどになっています。

余裕があるならお湯が沸いてから

少し待って作るとよいですね。

ただ赤ちゃんがミルクを欲しがっていて、

そこまで待てないことも少なくありません。

そんなときは、すぐに

作ってしまってもよいでしょう。

関連記事

>>【作り置きミルク】外出先で与えてもいいの?冷蔵庫保存はできるの?問題を検証してみた

>>【余った粉ミルク】もったいない!7つの活用方法で消費しよう♪

終わりに

粉ミルクを溶かす際の温度についての

見解でした。今現在は70度以上の

お湯で作ることになっています。

2007年ころに変更されたことなので、

先輩ママのなかには、

知らない人もいることでしょう。

一番良いのは専用ポットを使うことでしょう。

夜中も布団の近くにセットしておくと

ミルクを作りやすいです。ぜひ温度に

気をつけて作ってくださいね。