夜中に耳痛いと泣く子供に焦る母!どう乗り切ったか?体験談

「夜に突然子供が耳が痛いと言って、起きて泣く・・」

こんなことが起こることはけっこうあると思います。管理人は3人子供がいますが、下二人が4歳頃に、上記のように突然訴えられて、焦った記憶があります。多くの場合

中耳炎

なんです。夜中に起きて耳が痛いと泣く子供に、どう対処したのか・・二人の子供の体験談を紹介しますね。

※夜中に耳痛いと泣く子供~長女の体験談

長女が4歳頃のことでした。当時6歳、4歳、1歳というやんちゃな子供の育児で毎日へとへとな私で、あの頃の細かい記憶があまりないくらいの時期でした。

ある日、何の前触れもなく夜中・・といっても11時くらい?に娘が突然泣き出して、耳が痛いと訴えはじめました。

最初はちょっとしたケガでもあるのかな?たいしたことないのでは?と思っていました。

ただなだめても、泣いて訴え続けるので、これはヤバいと思い、まずネットで調べると、中耳炎という情報が飛び込んできました。

症状が似ているしこれだ!と思ったのですが、

緊急的な対処法は、座薬を打ったり、痛み止め=熱さましを飲ませて次の日に耳鼻科に行きましょうというものでした。

そうか・・と思いましたが、やはりインターネットの情報だけでは、自信がないし勝手な判断で熱さましを飲ませるのは怖い・・当時の私はそんな風に考えていました。残された手段は

夜間救急に行くという選択肢

です。

スポンサーリンク




大きな問題が・・

ただ、ここで大きな問題が・・。その日に限って、主人が飲み会で大人は私しかいません。寝ている長男6歳と次男1歳をたたき起こして、一緒に連れて行く?イヤイヤ恐ろしい。

でも痛いと訴えてくる娘も可哀そうだし・・。母である私が泣きそうなくらいな気持ちになり、すぐに主人に電話しました。

そしたら、夫が、「今タクシーで帰っていてもうすぐ着く。そのままタクシーの乗って病院に行ったら?」とのこと。

すぐに夜間病院に行けることになりました。ほろ酔いで上機嫌気味の夫にイラつきながらも、夫をのせて家まで来たタクシーに、再び今度は私と子供が乗って病院に行きました。

タクシーの運転手さんのラッキーっていう顔つきだけは覚えています。

病院にて

夜間病院での先生に対しては、今までの経験上あまり期待していませんでしたが、なんとラッキーなことに小児科の先生が担当医でいてくれたのです。

とても優しい対応で子供にも慣れていてとても感激しました。

診断結果はかなり高い確率で急性中耳炎

やはりな・・といった感じです。

応急処置としては、座薬や熱さましを飲ませて翌日に必ず耳鼻科に行くこと

ネットで得た情報とおなじでした。でも安心です。

夜間病院で熱さましをすぐに飲みました。そして、しっかり耳を診てもらうためにも、耳鼻科にすぐにかかることを念押しされました。

耳の痛みは昼間起きているときは、痛くなく、寝た体制で横になっているときに、痛くなるそうです。昼間痛くないから大丈夫と、そのままにしておくのは絶対だめです汗。

その後、薬を処方されて痛みが引いた娘と、再び家に帰りすぐ寝て翌日耳鼻科に行って、しっかりなおすことができました。

※夜中に耳痛いと泣く子供~次男の体験談

そして時は流れて、今度は娘の3歳年下の弟である次男くんも、これまた4歳頃に中耳炎になりました。同じように

夜に耳が痛いと言って泣いて起きるのです。

長女のときよりは、痛みが弱そうな感じでしたが・・。ただ外的なケガのようなものもないし、この感じはまたアレか?と今回は落ち着いた母でした。

そして、前回はビビッて与えられなかった座薬をうちました。その後すぐに寝てくれました。翌日耳鼻科に出向くと、案の定

急性中耳炎

と診断されました。当時鼻水だけが出る鼻風邪になっていた次男くんで、その鼻水が耳に、入ってしまったのだとか。

中耳炎にならないようにするには、鼻をかむということを子供に教えていくとよいと言われました。

そのときの耳鼻科の先生も親切で、子どもへのうまい鼻のかみ方を教えてくれました。以下に詳しく記載していますのでチェックしてくださいね。>>【鼻をかめない子供】耳鼻科で教えてもらったティッシュ飛ばし遊びで練習しよう!

※2つの体験を通じて思うこと

はじめての子供の夜中の耳痛い事件のときは、ネットの情報に信ぴょう性があると思っても、やはり怖かったです。

知り合いに看護師さんや先輩ママさんがいて、同じようなアドバイスをされたら、従っていたかもなとも思います。

そしてタイミングの悪いことに、こんなときに限って夫不在だったのも怖かったですね。すぐ帰ってきましたからよかったですけどね。これがずっと遅かったら・・と思うと‥涙。

結果、長女の場合は、夜間救急に行きましたが、これはこれでよかったのかなと思います。そして二回目ともなると、

すんなり座薬をうつ私。

母って図太い?まあ、次男の場合は鼻水といった症状もあったし、なんとなく確信めいたものもありました。

この件で思うのは

本当に育児って経験が大きいと感じます。

今回の病気系のことでなくても、生活面での困りごとや対処なんかも、経験値は大きいなと。

なので、子育てに関して、はじめてのことはたいがいうまくいかないと思えば気楽になれるかもです笑。わたしも長男のことはなんでもうまくいきません。

終わりに

夜中に耳痛いと泣く子供の体験談でした。けっこう小さいお子さんに起こりやすい症状だと感じます。

一人目は夜間救急へ、二人目は座薬対処で事なきをえましたが、対処法として何が正解というのはないと思います。いろいろな症状やケースがあると思いますので、ひとつの参考にしてください。