《納豆そのままはいつから与えていい?》未消化で出てくる件についても考察

離乳食や1歳代ごろの幼児食時期に悩むのが、納豆をいつからそのまま与えていいのか?ということではないでしょうか。

最初は加熱したり、刻んだりとしていましたよね。けっこう大変です。そこで

納豆そのままはいつごろから与えていいかについて考察しました。

未消化でそのまま出てくる問題についても述べていますので参考にどうぞ!

※納豆そのままはいつからOK?1歳頃からが多い

納豆自体は、そのままで離乳食後期ごろから与えてもよいとされています。自身の経験と周りのママさんの話や、ネットを調べてみると

1歳前頃から普通の納豆をそのまま与えはじめる家庭が多い

もちろん赤ちゃんの離乳食の進行状況や体質をみながら・・ですね。赤ちゃんによっては、納豆大好きっ子もいるので親は助かります。

1歳ごろは2分の1パック程度の量がベター

だいたいパック半分ほどが、1回にあげる量として適量です。

※そのまま出てくる件~ひきわり納豆がおすすめ!

ただ、納豆を赤ちゃんや1歳頃に食べさせた後、そのまま便として下から出てくる・・という件。けっこう子供にはあるあるです。おむつ替えの時にびっくりします。

ですので、

あまりにも便の中にそのままで出ているなら、ひきわり納豆がおすすめです。

刻むのは納豆のねばねばの性質上、面倒ですので、市販のひきわりがGOODです。

普通の納豆をあげてもよいと思いますが、けっこう周りの皮部分が硬くて、大きさ的にも丸のみしやすいんですよね。その結果未消化で外に出てくるんです。

あまりにも気になるのであれば、しばらくはひきわりにして、しっかり歯が成長してちゃんと噛めるようになってから、普通の納豆にするとよいかもしれません。

ただ、1歳過ぎてから普通の納豆で対応しているという方もけっこういますよ。そのまま出てくるのは、ある程度仕方ない、こんなもんかといった感じで与えるのです。

スポンサーリンク




管理人の経験談

管理人は子供たちに、1歳過ぎてから普通の納豆をそのままあげることが多かったですね。ひきわりも併用していました。

普通の納豆をあげるときは粒が大きめの納豆にして、スプーンで少し潰してあげるようにしていました。

少しでも丸のみを防ぐようにするためです。それでもけっこうそのまま出てくるんですけどね汗。

中途半端な小粒の納豆だと、スプーンで潰しにくいし、そのままだあげると、逆に丸のみしやすい気がして、あえて大粒の納豆をスプーンでぐちゃっとしてあげていた・・といった感じです。

そして、その日の気分で、ひきわり納豆をあげていたこともあります。普通の納豆にしてみたり、ひきわりにしてみたりと・・と気楽にあげていました。ひとつの参考にしてください。

実際に納豆は、離乳食や1歳代の子供の食事として、とても助かるものですよね。

  1. 火を使わないで出せる
  2. 栄養面も安心
  3. 子供が初めは大好きになることが多い

上記の理由で、よくご飯時に登場していました。管理人もよくお世話になりました。

余談ですが、子供は

あんなに納豆が大好きだったのに急に嫌がる時期が来る

けっこうあるあるな話です。

よそのママさんからも同じような話を聞きます。おかずに困ったら、納豆あげよう!と頼っていたのに、急に大嫌いになってしまうんですよね。あげすぎたか・・と後悔したりします笑。

※付属のタレは使わないほうがベター

納豆についてくるタレ。出汁が効いていて美味しいという方もいるでしょう。ただ、

子供には結構甘いし化学調味料も入っています。

なるべく、小さい時期は普通のしょうゆや無添加の麺つゆを少量かけて食べるようにするのがベターだと感じます。

もちろんストイックになることはありません。忙しい時や時間がない時は、与えてもよいと感じます。全部ではなくて少量かけにしましょう。

毎日の子供の食事作りは大変です。ストレスをためないように、臨機応変に対応するのがコツですよね。子供が小さい時は、ほかにたくさんやることがあるので、手を抜くとこは抜くとよいですよ。

魚肉ソーセージはいつから食べられる?~塩分控えめオススメのおさかなソーセージ3選

《1歳児》餃子はいつから食べられる?市販餃子をあげるときの注意点

終わりに

栄養面でも安心な納豆。そのまま子供にはいつからあげられる?という問題でした。子供の体質と相談しながら、1歳前後からそのまま与える方が多いようです。

ある程度は未消化で出てくものではありますが。あまりにもそのまま出てくるのであれば、最初はひきわりを利用するとよいですよね。