育児ストレスで過食する!→解消方法の引き出しを増やそう♪手軽な解消法5選


Gluttony. / daniellehelm

「育児ストレスで過食になる・・」

「嘔吐してまで食べてしまうので自分を責めてしまう・・」

育児中のストレスは時として大変になります。行き場のないモヤモヤした心の隙間を食べ物で埋める人は少なくありません。

中には、嘔吐してしまい過食症気味になってしまい後悔する人もいるでしょう。そこで

育児ストレスで過食してしまうときの、お手軽でできるストレス解消法を紹介しましょう。

ストレス解消方法の引き出しを増やそう!

小さいお子さんや赤ちゃんがいると、自分のためにリフレッシュする時間を作ることが難しくなります。ですから、

一番手っ取り早い「食べること」でストレスを解消してしまうのです。

中には食べすぎて嘔吐してしまうことも・・。実は

ストレス解消の引き出しをたくさん作ると発散されやすい

と言われています。ですから、

食べることを制限しないで、ほかのストレス解消法を見つけましょう。

食べることをやめないでできる方法なので、取り組みやすいです。以下育児中でも簡単にできるストレス解消法になります。

食べすぎてしまう人へ~手軽な解消法5選

スポンサーリンク




1、ブログを書く

実名のSNSではなく、匿名でおこなうブログがおすすめです。ブログで日記を書くとなぜストレス解消になるのでしょう。

ブログが良い理由①ペルソナが作れる

心理学において、

自分の中にいろいろな役割(キャラ)を持っているとストレス解消しやすくなる

と言われています。

専業主婦がストレスをためやすいと言われるのは、このせいもあるのでしょう。小さい子供の世話で忙しいときは、ママ以外の役割にはなかなかなれません。

たとえば1日2時間働くなどがなかなかできないですよね。そこでブログの登場です。ブログでは、

  • 普段は温和な性格→ブログでは辛口キャラ
  • 普段はまじめな性格→ブログではおふざけキャラ

というように設定して、普段とまったく違うキャラになって思いをつづるとストレスが発散されやすくなります。

ブログが良い理由②気持ちを視覚化できる

日記は自身の心の整理に役立つ!

悶々と心にためているのではなく、文章化して視覚化することで、ストレス解消へと導いてくれるのです。

過食していまう人は、食べることで心のモヤモヤを発散しているのです。ですので、書くことを始めてみてストレス解消を試してはいかがでしょうか。

2、有酸素運動

また有酸素運動も育児ストレスで過食してしまう人におすすめです。

小さい子供がいるときに、食べることを制御するのはかなりストレスがたまります。

ですから代わりに運動をして、少しでもカロリー消費を目指しましょう。実は

有酸素運動を続けると

  • ストレスを取り除くと言われるベーターエンドルフィン
  • ハッピーホルモンであるセロトニン

が高まると言われています。

実際に下記のようなデータがあります。

ある実験では、日頃あまり運動をしない男性8人に有酸素運動の自転車こぎを30分間やってもらいました。その結果、運動中や運動後にα波は13.5%、βエンドルフィンはなんと75%も増加したのです。http://president.jp/articles/-/12447 より

 

※育児中におススメの有酸素運動

小さい子供がいるママさんにおすすめの有酸素運動はずばり、

踏み台昇降

です。家で気軽にできますし、場所を取りません。

こちらの記事>>育児しながらダイエット【子供を味方につける♪3つの方法

に詳しく載せていますが、雑誌などを重ねて踏み台を手作りすることができます。

1日1時間踏み台昇降をすれば1ヶ月1kgほど落とせる

という計算になります。お金もかかりませんので、ぜひ試してください。

3、雑談

自分が思っているよりも誰かと話すことはストレス解消になります。育児中はそのこと自体を忘れてしまいがちになります。また

に出向くことで食べることを遠ざけることができます。

過食になってしまう人は、思いきって支援センターや子育てサロンに出向いてみましょう。

相談までしなくてもちょっとした雑談程度でも、話すだけで気持ちがリフレッシュできる

ことがあります。

4、ガムをかむ

ガムをかむという

単純なリズミカルな運動を続けると幸せホルモン“セロトニン”が分泌されて、リラックスるする

ようになるのです。先ほどの踏み台昇降も同じようにリズミカルな運動です。ほかには、

  • 自転車
  • ジョギング

などあります。自転車やジョギングは育児中はちょっと難しいかもです。

ガムをかむ行為はなんといっても簡単です。育児中にはぴったりですね。イライラしたなと思ったら、ガムをサッと口に入れましょう。

5、“食べない”というルールは持たない

育児中は、小さい子供相手だと24時間ストレスがたまります。そのような状態でのストレス解消として、食べることを制限することはしなくて良いと思います。

○を食べない!

1日○個まで!

と制限するのではなく、ほかのストレス解消法にチャレンジしてみてください。

つい過食してしまっても、

「まぁいっか。」と自分を許してあげましょう。

《子育て中の息抜き方法5選》“没頭“と“達成感”で自宅で簡単リフレッシュ♪

終わりに

つい過食になってしまう場合は、育児のストレス解消法の引き出しをいくつも持っているとリフレッシュしやすくなります。

また子供が大きくなれば外出することも多くなりますし、食べ物も欲しがるようになるので、おやつの制御ができるようになってきますよ。