《赤ちゃんはマヨネーズをいつから食べられる?》そのまま離乳食に使っていいのかについても考察

「赤ちゃんってマヨネーズをいつから食べれる?1歳からならいいの?」

離乳食を進めているなかで、ふと疑問に思うことがあるのではないでしょうか。

1歳から大丈夫かな?でも生卵を使っているので、しばらく与えないほうがいいのかな?といろいろ気になりますよね。そこで

赤ちゃんにマヨネーズはいつから食べられるかについて検証しました。

あわせて、おすすめの卵不使用マヨネーズも紹介しています。

※いつからマヨネーズをそのまま与えていいの?

ベネッセの最新しつけ大百科によると

1歳代からマヨネーズを与えてOK

となっています。(参考記事>>【1歳にOKな調味料8種と量の目安】お酒やみりんはどうなの?

卵アレルギーの疑いがなければ、そのまま使っていくとよいでしょう。ただし、以下の点に気をつけて食べさせるとよいですね。

調味料の目安・・大人の半分から3分の1(最新しつけ大百科より)

赤ちゃんが成長し、1歳代になれば、量に注意して、離乳食に少しずつマヨネーズをそのまま使ってみてもよいということになります。

マヨネーズがガンガンアピールしてくるくらいの味付けではなく、最初は隠し味程度に使うようにするとよいですね。

離乳食のレシピ本にもマヨネーズを使ったものが出ています。少量使用をこころがければ、1歳児に使っていけますよ。

子供にいろいろな味を体験させていくことも大切です。特にアレルギーの心配がなければ使用するとよいでしょう。

スポンサーリンク




《1歳児へのマヨネーズを使った離乳食例》

  • 卵焼きに隠し味程度に入れる
  • 茹でたじゃがいもに少しつける
  • サンドイッチ作りでパンに少量つける

上記のような感じで、ガッツリかけるのではなく、少量をちょっとつけて食べさせるようにするとよいですね。

マヨネーズはカロリーも高いですし、塩分もありますので、1歳代では少なめの使用がよいですね。徐々に様子をみながら、量を調整するとよいでしょう。

※卵アレルギーにおすすめのマヨネーズ

なかには、赤ちゃんやお子さんが卵白だけNGの卵白アレルギーや、卵全般にアレルギーがある場合がありますね。そのようなときは、普通のマヨネーズは心配ですね。その場合

ノンエッグマヨネーズ(卵不使用マヨネーズ)がおすすめ!

ノンエッグマヨネーズが売られていますので、使ってあげるとよいですよ。

ただ、卵不使用マヨネーズと言ってもいろいろ種類があるし、お値段もまちまちです。

西松屋のような専門店には、オタフクさんから1歳からのマヨネーズというものが販売されています。

上記のものですね。こちらを使っていくのもよいです。ただ

意外とお高いし、売り場が限られているのがネック!

そこでおすすめなのが以下です。

日清のマヨドレがおすすめ!

上記の日清のマヨドレは、普通にスーパーで買えるので買い勝手が良いですし、そこそこお安いです。

アレルギーの専門店で扱っているような、卵不使用のマヨネーズよりはずっとお安いです。もちろん普通のマヨネーズよりは、ちょっと高いですが。

マヨドレは、普通のマヨネーズよりはゆるい感じです。そして、酸味が少し強いように感じますが、慣れれば大人も美味しく食べていけますよ。

ハンバーグを作るときのつなぎとしても使っていけます。マヨドレがあれば、サンドイッチやポテトサラダも作れます。

ただカロリーは控えめといっても、マヨドレは大さじ1ほどの15gで81kcalあります。キューピーのマヨは15gで100kcalです。

多少カロリーは控えめですが、それでも、そこそこありますよね。普通の調味料と一緒で、こちらも少量をこころがけるとよいですよ。

《2歳児に食べさせてはいけないもの》3パターン別にNG食品を紹介!

魚肉ソーセージはいつから食べられる?~塩分控えめオススメのおさかなソーセージ3選

【1歳児にインスタントラーメン】作るときのひと工夫~いつから与えていいの?!

終わりに

いつから赤ちゃんはマヨネーズを食べられるの?という疑問の回答でした。1歳児になっていて、アレルギーの問題がなければ、離乳食に普通のマヨネーズをそのまま、少量から使ってみるとよいでしょう。

最初は、量には気をつけて!ですね。子どもにさまざまな味を体験させるのも大事ですので、アレルギーの問題がなければ、臆せず使用してみてくださいね。