【一歳半からのトイレトレーニングの進め方5つ】まずはおしっこの間隔をチェックしよう!


トイレトレーニング開始 / sawamur

一歳半頃からのトイレトレーニングについて

「まだ早いかな?」

「どうやって進めたらいの?」

と悩むママさんパパさんが多いのではないでしょうか。トイレに興味を持ったり、教えてくれるようなサインを見せると気になりますよね。

1歳半頃であれば、まず、本格的にトイレトレーニングをしてもいい条件を確認するとよいですよ。場合によっては、プレおむつはずしの進め方が合ってることもありますので詳しく紹介しましょう。

※まず本格的にトイトレスタートしてもよいかの確認しよう

まずは、1歳半頃のあなたのお子さんが、オムツ外しを本格的にスタートしてもいいかどうかのチェックをおこないましょう。以下の条件を確認してください。

スポンサーリンク




トイレトレーニングを始める目安となる条件3つ

こちらの記事>>【オムツ外れを始める時期と目安】3つの条件をチェックしよう!に詳しく記載していますが、トイレトレーニングを始める目安となる条件があるんですね。

まずは自分の子供が当てはまるか下記をチェックしてください。

  1. 一人で歩くことができる
  2. オシッコの間隔が2~3時間あく
  3. トイレに興味や関心を持つ

上記の3つの条件がそろった時期が、トイレトレーニングを本格的にスタートさせる時期と言われています。

1歳半ごろだと、上記の1と3はクリアしていることが多いですよね。

個人差がありますが、1歳代後半~2歳代前半ころにオシッコの間隔が2,3時間空くようになります。

ですので、1歳半頃は、2番目の条件であるオシッコの間隔が2,3時間空いているかをまずは確認してみましょう。

《オシッコの間隔の調べ方》

ただ、お子さんのおしっこの間隔がどれくらいなのかよくわからないですよね。下記のようにして調べてみましょう。

  • 1週間くらい毎日のおしっこの間隔をメモする
  • この時期だけ布パンツをはかせると間隔がわかりやすい
  • 食事や昼寝などの時間帯も記入すると流れをつかみやすい

1週間だけと決めて、この時だけトレーニングパンツや布パンツをはかせると、子供の様子がわかりやすいので、どれくらいでおしっこが出たかわかりやすいです。

そのうえで、3つの条件がすべてそろったら本格的にトイトレをスタートさせましょう。

※1歳半からのプレおむつはずしの進め方5つ

1歳半頃だと、まだおしっこの間隔が2,3時間空いていないお子さんも多いかと思います。そんなプレおむつ外れの時期にも、親がオムツ外しがスムーズにいくように関わることができます。以下のような進め方があります。

1、親のトイレのときに声掛け&見せる

お父さんやお母さん、おばあちゃんがトイレに行くときに、

「おしっこ行ってくるね。」

と声をかけます。

最初はこれだけでもOK!お子さんが、興味を持ってきたら、

実際に大人がトイレをするところを見せます。

そして、大人が用を足した後

「気持ちよかった~。スッキリした。」

などと声掛けをするとよいですね。トイレで用を足すことはいいことだということを伝えていきましょう。

2、膝の上にのせてトイレに座る

また、1歳半頃の子供は、ママやパパなど大人の真似っ子が大好きな時期ですよね。トイレでおしっこをする姿を何度も見せると、自分も真似したいと思うようになります。

子供が興味をもったときに、

親がトイレに座っているお膝の上にのせて真似事をしましょう。

「トイレは、おしっこをするところ」ということを自然に伝えていきます。

3、補助便所に座らせる

さらにお膝に慣れたら、今度は実際に補助便所に座らせてみます。もしもうまくおしっこが出たら、

いっぱいほめてあげましょう!

ただ、親御さんは焦らないでくださいね。まだおしっこの間隔が2,3時間空いていないと、その後すぐに成功するわけではありません。

この時期は

  • オシッコが出た後で知らせてくれた
  • トイレに座った

など、小さなことでも褒めてあげるとよいですよ。

4、絵本やDVDで楽しく伝える!

さらにこの1歳半頃の時期は、トイレトレーニングに関する絵本やDVDをママやパパと楽しく見るというのも、とてもおすすめです。あまり関心を見せない場合は

ぬいぐるみや人形を使ってのごっこ遊びがおすすめ!

ぬいぐるみのようなものがあると、イメージがつきやすく楽しく遊んでくれます。

遊びながら、トイレは用を足す場所という認識を持たせてあげたいですね。以下の絵本もおすすめですよ。

《トイレトレーニング前のおすすめの絵本3選》王道だけどやっぱり良い♪

5、オムツ替えは決まった場所でする

最後は、生活のなかで取り上げてほしい方法です。

おしっこは決まった場所(トイレ)でするものということを伝えるために同じ場所で交換する

なるべく同じ場所でオムツ交換をするように心がけましょう。あわせて

「オシッコしたら気持ちいいね。」

「たくさんでてすっきりしたね。」

と伝えていくとよいですね。

終わりに

一歳半からのトイレトレーニングの進め方でした。この時期は、まず本格的にトイレトレーニングをしてもいいかどうかの3つの条件をクリアしているか確認してください。

まだであれば、まずはプレということで、大人がトイレに行く姿や実際にしているところを見せたり、絵本を取り入れるとよいですよ。焦らないで進めていきましょう。